⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨として有名です。最近はビットコイン系列のハイプ案件がとても多っくなってきました。その理由としてはビットコインの特徴である匿名性が、ハイプ案件で資金を集める仕掛け人にとって都合が良いからでしょう。

普通の銀行口座と違いビットコインは、口座と名義人の紐付けが出来ないシステムなのです。ビットコイン投資の中でも、特にハイプ投資が危険といわれる理由について考察してみましょう。

まずビットコインとは何か

ビットコインについて

ビットコインを一言で説明すると、「インターネット上に存在する電子的通貨」ということです。普段のお金のように、紙幣や貨幣として存在しないので、「仮想通貨」や「暗号通貨」と呼ばれたりもしますね。

  • ビットコインの特徴

    発行元、管理元が存在しない

    通貨では国や銀行が発行元ですが、ビットコインには管理元が無く、世界中の国家、金融機関などから独立してます。国や銀行の支配がない通貨なので、世界的な経済危機や、恐慌の時にリスクヘッジになるとしても注目されています。

    発行総量が有限

    ビットコインは発行総量が決まってます。発行が約2100万ビットコインと最初から決められてます。大量に発行されることによるインフレが起きません。ビットコインの流通量が増えれば、価値が高くなるということも投資先として注目されているところなのです。

    ビットコインのメリットは

  • 送金が速くて、安いビットコインでは特定の銀行を経由せずに送金できるので、送金が速く、送金手数料も安いのです。

    希少性が上昇していく

    発行の上限が決まっている中で、ビットコインが普及するほど、価値が上昇していく最大の特徴があります。

    換金性の高さ

    世界中に取引所があり、簡単でスピーディーに他の通貨へ換金できるシステムです。

    国家危機で資産のリスクヘッジに

    国家が金融危機や財政危機などで、通貨は信用が無くなり価値が落ちるリスクがあります。ビットコインは国の財政危機とは無関係で、世界経済の危機でもリスクヘッジの資産として認められつつあるのです。

     ビットコインは実際儲かるの?

ビットコインへの投資は、ビットコインを保有して価値が上がるのを待つということになりますね。従って、ビットコインが世界中で普及して、その価値が上がっていけば必ず儲かりますよね。実際のところビットコインは登場から現在までに、その価値が何十万倍にも上昇しているのです。

しかしながら今からビットコインに投資して、儲かるの?つぶれないの?というのが誰でも気になるところですね。ビットコインはこれからまだ普及する伸びしろがあるし、日本国内でも取引所が増えてきて取引する人が増加する見込みから、今までほど急激ではないが価値自体は上昇していくだろうと考えられているのです。

 ビットコイン投資は危険?

ビットコイン取引所のリスク

ビットコイン自体のシステムのハッキング被害はありませんが、ビットコインの取引所がハッキングで、ビットコインを抜き取られたり、取引所が破綻してビットコインを引き出せなくなる事があります。

取引所の口座に預けていたビットコインが盗まれる事件がいくつかありますが、日本で一番有名な事件が「マウントゴックス事件」ですね。

マウントゴックス事件について

2014年の2月に取引所マウントゴックス社が、経営破綻したという衝撃ニュースが報道されました。

インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」を運営するMTGOX(東京・渋谷)が28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日受理されたと発表した。債務が資産を上回る債務超過に陥っていた。顧客が保有する75万ビットコインのほか、購入用の預かり金も最大28億円程度消失していたことが判明した。

MTGOXのマルク・カルプレス社長は28日夕の記者会見で「ビットコインがなくなってしまい、本当に申し訳ない」と謝罪した。消失したのは顧客分75万ビットコインと自社保有分10万ビットコイン。金額にして「114億円程度」としているが、他の取引所の直近の取引価格(1ビットコイン=550ドル前後)で計算すると、470億円前後になる。

 

民事再生法の申請に至った理由は、「ビットコイン」と「預かり金」の消失で負債が急増したため。2月初旬、システムの不具合(バグ)を悪用した不正アクセスが発生し、売買が完了しない取引が急増。「バグの悪用により(ビットコインが)盗まれた可能性が高い」と判断した。

引用元:日本経済新聞ニュース

このニュースにおいて大きく報道されたのが以下2項目です。

  • 利用客が預けていた大量のビットコインが消失して、莫大な損失が発生してしまった。これはシステムの「バグ」を利用した不正なアクセス(ハッキング)により盗まれました。この報道によって、「ビットコインは、いとも簡単に消失する危険がある仮想通貨」「ハッキングに脆弱な信用出来ない仮想通貨」という印象を多くの人が持ってしまいました。しかし、ビットコインの通貨が信用のおけない危険な仮想通貨という考え方は誤りでした。

その理由としては、まずは、この事件の原因となっているのが、ビットコインのシステムに問題があったのではなく、マウントゴックス社という単なる取引所の問題であったという点でした。

ビットコインの取引所の一か所であるマウントゴックス社内の、システムの不備が原因でビットコインが消失したということなのです。従って、ビットコイン自体がハッキングで盗難される危険性がある、仮想通貨として信用がおけないものという考えは間違っているのです。

さらに、最近のニュースにおいては、マウントゴックス事件の真相は代表のマルク・カルプレス氏が業務上横領したことが理由だといわれています。

警視庁は「ビットコイン」取引所であるマウントゴックスのマルク・カルプレス社長(フランス国籍)を再逮捕したと発表した。

逮捕容疑は、マウントゴックスが債務超過であった2013年9月下旬〜12月下旬に、利用者からの預かり金や会社の資金、合計2000万円を自分の口座に送金して着服した業務上横領だ。

着服した資金は、生活費や派遣型風俗で出会った複数の女性に使っていたという。

警視庁によると、マルク・カルプレス社長は、送金したことは認めたが「送金したことは間違いないが、顧客の金を使った覚えはない」と容疑を否認している。

引用元:デジタル通貨ニュース

この騒動の原因は、悪質な経営者による不正行為である可能性が高く、ビットコイン自体が危険だからという事ではないのです。これらのことから、ビットコインが信用できないという論調は見直されております。ただ、このマウントゴックス事件から言えることは、現在のビットコインの取引所は創業が浅い会社が多く、まだまだ信用性には欠けるという点も考えられますね。

FXなどの取引所では、不正行為の取引所、財政面で不安がある取引所を摘発する法律がありますが、ビットコインの取引所には特に規制がなく、危険な取引所も存在している可能性がありますので、注意する必要があります。

ビットコインHYIPに投資する危険

まずHYIPとは何か

HYIPはハイプと呼ばれてますが「High Yield Investment Program」という言葉の略語でして「高利回りの投資プログラム」と訳せます。

その名称の通りハイプは、通常の株式や投資信託などの「一般的な投資商品」からは想像できない高利回り、高配当を売りに出資者を募っております。日利が1%以上という投資の案件が多く、中には日利が10%と驚愕の高配当を提示している案件もあるのです。

ビットコインのハイプ案件とは

ビットコインを利用したハイプ投資は多く、世界中で数千あるとも言われてます。このハイプ投資には、ビットコインが利用されることが多いのです。ビットコインでの投資が流通して、ハイプ投資の案件が比例した増えてきているのが現状です。

このハイプは、株、債券に対してリスクは大きいですが、少額の投資でも大きな収益が出るのが魅力なのです。ほぼ日利1%の報酬があって、その運用会社が倒産しない限りは配当を貰えます。

HYIPは、ねずみ講?

HYIPは詐欺に近い言っても過言ではない位に危険性がある案件が多いように思えます。

HYIPの中にはセミナーを開き、口コミなどでのグループで情報共有をして出資者を募集するといった案件が多いようですが、こうした口コミ集団は投資を募る仕掛け元ではなく「投資を勧誘して紹介料をもらう」という営業方針で宣伝セミナーやLINEグループでの参加者を集めているようです。

HYIP案件のリスク

HYIP案件は、ある程度の期間は高配当を出して出資者の紹介で次の出資者を募り、広まってきた頃に急に連絡が取れなくなり飛ぶ(消滅)するという最後となります。そして次々と新しい投資案件が出ては消えるということが繰り返されているのです。高配当の案件でも、入金して投資を始めた瞬間から、飛ばれれば出資元本すら返ってくる保証はないというリスクが発生します。

実際HYIP案件では、元本を回収するまでの期限が長くて、飛ぶまでの期間の配当しか受け取れなかったいう案件が多いようです。また、最初の数ヶ月間は高配当が出るものの、その後は手数料が差し引かれ配当が少なくなってしまうという案件もあるようです。

さらに投入元本に相当するの配当を得る間もなく飛ぶ場合や、満期が来る前に解約する場合は高額の手数料が必要になるものもあったり、突然にサイトにログイン出来なくなったり、配当の遅延エラーが起こったというメッセージとともに出金処理ができなくなり音信不通になることが起こるのです。

HYIP投資のリスクとしては、通常の投資と同じで投資資金の返金保証は無いということです。投資先の会社がうまく運用できずに、倒産することもあります。また、最初から投資家を騙す目的のHYIPの詐欺も存在しており、高利回りで高収入を期待できる反面で、出資金が回収できないリスクも高いという事なのです。

まとめ

やはりお金を借りてまでして一攫千金を狙うのではなく、自分の余剰資金で複数の案件に分散投資するのが、より安全で賢い方法ではないでしょうか。またHYIPの投資案件ごとに詐欺の疑いがあるかの情報を集めているWEBサイト等を利用して、危険性を把握する自助努力も必要でしょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する