⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨の代名詞とも言えるように有名なのが「ビットコイン」です。最近ではビットコイン関連のHYIP(ハイプ)が非常に多くなってきました。その理由としては、今やビットコインは「ゴールド(金)をしのぐ新しい投資対象」として注目が集まっているからなのです。

ビットコインで大きく儲けたいが、投資したお金を出金することが出来なかったらどうしようなどの不安要因があって、ハイプ投資に二の足を踏む方も多いと思います。ハイプ投資でリッチになれるか探ってみましょう。

まずビットコインとは

ビットコインを簡単に説明

ビットコインを簡単に一言で説明すると、「インターネット上に存在する電子的な通貨」ということになります。普段使っているお金のように、紙幣や貨幣などの現物として存在しないので、「仮想通貨」や「暗号通貨」とか「デジタル通貨」などと呼ばれたりもしていますね。

インターネット内での買い物はもちろんのこと、ふだんの買い物でも、ビットコインが使用可能な機器があれば普通のお金と同様に支払いに使うことが可能です。

  • ビットコインは誰が作ったのかビットコインが登場したのは2009年でして、中本哲史(ナカモト サトシ)という人物がビットコインの仕組みの基本となる「電子通貨ビットコイン」の論文をWEB上で世に発表しました。世界中の多数のコンピューターマニアによって、この論文を基に、ビットコインの開発と普及が進んで行きました。
  • 論文自体は英文で書かれていて、中本哲史という名前は偽名の可能性が高いとも言われています。(本当に日本人かどうかも正体不明です)
  • ビットコインの特徴は

  • 発行元、管理元が無く、特定の国家や銀行に支配されない現物の通貨では国家や銀行が発行元であり、その管理の下で通貨が流通しています。しかしビットコインには管理するところが無く、世界中の国家、金融機関、企業体などから独立しているのです。特定の国や銀行に支配されない通貨なので、全世界的な経済危機や、金融恐慌などの有事の時に強いリスクヘッジになる投資物件としても注目されているのですね。

    発行総量が決まっている

    ビットコインは開発段階から総量が決まっています。ビットコインは発行の上限が約2100万ビットコインまでとシステムで決められてますので、現物貨幣のように大量に発行されてしまい価値が低下してインフレが起きるということはありません。ビットコインの流通量が増加するほど、ビットコインが現物の通貨と比べて価値が高くなるという点も投資対象として注目されるところです。

    ビットコインのメリット

  • 送金が速く、安いビットコインでは特定の銀行を経由せずに送金できます。現物の通貨のように通貨を変換(円から米ドルなどへ)する必要がなく、全世界中でビットコインという共通の通貨で取引できるので、送金する時間が速く、送金手数料も安くなることが多いのです。グローバルな取引が多くなってきた今日では、ビットコインのこのメリットが特に注目されているのです。

    希少性が上昇し続ける

    発行の上限が決まっている中で、多くの人が売買することになるため、ビットコインが普及すればするほど、その価値が上昇していくのです。これがビットコインの投資物件としての最大の特徴になっています。

    換金性が高い

    今やビットコインは世界中に取引所が存在しており、他の通貨との交換も問題なくスムーズに行われているのです。世界中で取引も活発化しており、他の通貨との交換がスピーディーにおこなわれており、必要なときには簡単に他の通貨へ換金できるシステムとなっています。

    国家破綻時の資産のリスクヘッジになる

    国家が金融危機や財政危機などに陥ってしまうと、その国の通貨は信用が無くなり価値が落ちてしまうリスクがあります。ビットコインはそのような特定の国の財政危機などには無関係であり、世界経済の危機の時のリスクヘッジ資産としての価値を認められつつあります。

    HYIPとは何か

HYIPは「ハイプ」と呼ばれていますが「High Yield Investment Program」というワードの略語でして「高収益の投資プログラム」と訳すことができます。

名称の通りハイプ案件は、一般的な株式や投資信託といった「一般的な投資案件」では想像すらできないような高利回り、高配当を掲げて出資者を募集しています。何と日利が1%以上の投資案件が多くて、その中には日利10%といった信じられないような高配当を出すといっている案件もあります。

ビットコインのハイプ案件

ビットコインを活用したハイプ投資は多くあり、世界でも数千とも言われています。ハイプ投資には、ビットコインが使われることが多いのです。

ここ1年のビットコインの価値が上がり続けています。ビットコインの価値が上がるということは、ハイプへの投資金額も自動的に上がることになりまして、ビットコインでの投資が流行り、ハイプ投資案件がどんどん増えてきています。

したがってハイプは、株、債券に比べリスクは大きいのですが、少額の資金でも大きな収益が期待できるのが魅力です。だいたいは日利1%の報酬があり、その会社が飛ばない(倒産)限りは配当を得られます。

実のところハイプは、いかに早く始めるかが勝算のポイントなのです。短期間で投資元本を回収していけるかの見極めが重要ですが、回収する前に飛ばれる(倒産)のが最悪です。しかし1年以上も続いているハイプ案件もあります。案件が出た当初の早いタイミングで、リスク分散のために複数のハイプ案件を同時進行で回せれば、トータルではプラスになる可能性があります。

ビットコイン(ハイプ)投資で人気のD9クラブ

日本の投資案件の中で投資の人気が出ているのがD9クラブです。数あるハイプの中でも、報酬プランも多く内容もしっかりしているのがD9クラブなのです。

D9クラブは、創業してから14年目に入り、ブラジル国内で法人登記されている会社です。大手ブックメーカーのベットフェアに投資を継続していて、確実に利益を上げている会社なのです。

13年間も投資をしていて、今も運営が続いているという事実から、ハイプの中でも安定した会社であることが見受けられるのです。日本においてはブックメーカーと聞くと何だろうと思いますが、海外では国家の認可があるギャンブルということで人気があるのです。

D9クラブはサッカーの試合中の賭けを研究し続けて、ブックメーカーを経由して運用して資金を増やしているという会社です。D9クラブはもともとは普通の投資を受けるだけの会社だったのですが、ブラジルでの不特定多数の投資家から投資金を集めることが、ブラジルの法律で禁止になってしまいました。

そこで、ハイプで主流のMLM方式を採用して、サッカーの勝ち負けを予想するというオンラインスクールのビジネスモデルを展開しました。そのスクールの代金として月額$50の投資を受けるという合法化にしています。投資の配当として日利1%の報酬を、ビットコインでスクールの会員に分配する形を取り入れています。

ハイプ投資のリスクは?

ハイプ投資のリスクは、投資資金の元金保証が無いことです。投資した資金は報酬により回収していきますが、投資先がうまく運営できずに倒産してしまうことがあります。

また、初めから投資家を騙すハイプ案件の詐欺も存在し、高利回りで高収益が期待できるハイリターンの反面、ハイリスクという事です。したがって無理な借金などをせずに余剰資金の範囲で投資して、かつ複数の案件に分けて分散投資することが安全だと思います。

まとめ

現在ハイプは世界で数千の案件があると言われ、今後も新規案件は生まれ続けることでしょう。大きな利益が期待できる反面、リスクも高いのがハイプなのです。

利益を上げている人もいれば、資金を失っている人もいます。世界の投資家たちが参入する前の初期段階でハイプ案件に参加し、短期間で投資元本を回収しておければ十分に利益を得れるはずです。ハイプはいかに早く始めるかが、カギなのではないでしょうか。

これらのことを考えリスク管理しながら、ハイプ投資を楽しんで見てくださいね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する