⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はビットコイン(bitcoin)の購入方法日本で一番主流なのは、何かということについて詳しく解説していきます。

ビットコイン(bitcoin)の流れを知るということは、ただ単にチャートに書かれている価格だけをみてればいいというものではなく、取引所の特徴や自分の住んでいる国の購入の流れをつかむことが大切です。

購入の流れとはこの時期にいったいどれくらいの価値がついているのかということを過去のデータから洗うだけではなく、この国で流行している購入方法についてもよく知っておくということなのです。

初心者も安心できる3つの購入方法と詳細について

《3つの基本的な購入方法について》

ビットコイン(bitcoin)には直接購入と間接購入という2つの購入方法がありますが今回は分類せず混ぜて提示し、のちに分類する方法でいきます。

購入方法として1つ目が取引所あるいは交換所での購入、2つ目が販売所での購入、3つ目がクレジットカードでの購入とした場合分類することができ、1つ目の「取引所あるいは交換所での購入」と3つ目の「クレジットカードでの購入」が直接購入で、2つ目の「販売所での購入」は間接購入となります。

さて、次はそれぞれを行えるところの場所(サイト?)の紹介です。

《ビットコイン(bitcoin)の取引所および交換サイトについて》

日本に本社の所在地がある取引所として有名なbitFlyer(ビットフライヤー) をはじめとする、

bitbank(ビットバンク)

BTCBOX(ビットコインボックス)

coincheck(コインチェック)

Zaif(ザイフ)

Quoine(クオイン?)

Lemuria(レムリア)

BITPoint(ビットポイント)

Fisco(フィスコ)

で、外国にある取引所はブルガリア共和国のBTC-e(ビットコイン-e?)、イギリスのBitstmp(ビットスタンプ)、アメリカのKraken(クラーケン)、ベトナムのBitfinex(ビットフィンクス?)、中国のBTCC(ビットコイン中国),OKCoin(オーケーコイン),huobi(?)、どこの国のものか表示がわかりにくいVirWoX(?)、その他個人間取引サイトではLocalBitcoins.com(ローカルビットコインズ.com)、以前は日本に本社を構える外国で唯一の取引所Mt.Gox(マウントゴックス)があったのですが、今は倒産しまってもぬけの殻です。

まぁあそこは『ビットコイン(bitcoin)消失事件』などで一時期騒がれたので当たり前といえば当たり前なんです。

《ビットコイン(bitcoin)の販売所について》

販売所があるサイトは取引も行っていることがほとんどです。なので数ある取引所の中にいくつか販売所がセットとして運営されています。販売所はbitFlyer(ビットフライヤー)、bitbank(ビットバンク)、 coincheck(コインチェック)、 Zaif(ザイフ)、取引所と両立して販売所も行っているのはこの4つのサイトです。

残念ながら BTCBOX(ビットコインボックス)は取引所だけだったのです。クレジットカード対応の取引所についてはこれは説明するまでもないと思います。取引所とセットです。

クレジットカード決済できる取引所としてはbitFlyer(ビットフライヤー)、 coincheck(コインチェック)、 Zaif(ザイフ)とここでbitbank(ビットバンク)がなくなり、最終的に残ったのはこの3つのサイトというわけです。

《最も主流な購入方法の秘密について》

取引所のなかに販売所、クレジットカード対応サイトが含まれていることと取引所が1番サイトが多いことという2つの事柄から、購入方法で最も主流なのは『取引所で購入すること』だとわかっています。でも一体なぜ販売所でなく取引所なのかというところがポイントです。

確かにクレジットカードについては使用できるようになったのが最近ですしなんとなくわかります。が、販売所でなく取引所が主流になるのは何か理由があるはずです。今回はその理由をそれぞれの特徴、違いに位置付けて探っていきます。

最も主流な購入方法がわかったとしてもその理由は何のかということに辿り着かなければ、意味がないのです。理由を探すことによってもっと多くビットコイン(bitcoin)というものを知って身近に感じることができ、よりどうすればいいのかというときにより良い判断を下すことができるようになります。謎を解くということは武器にもなりますが、材料としても活躍することができるのです。

《販売所と取引所の比べてわかる違い》

ごくたまにですが取引所と販売所を同じものだと勘違いをしている人がいます。取引所が同じと考えられるのは交換所のみです。ですからまずは初心に戻り、違いについてもう1度よく考えてみてみることです。そしてわからない人はここで一緒に学んでいきたいと思います。

販売所で売っている人間は販売所を経営している企業ですが、取引所売っている人間はビットコイン(bitcoin)所有者、販売所では価格を設定しているのが全て企業に対して取引所では価格を設定しているのが売り手、販売所では価格設定に納得をしたら購入する仕組みで、取引所では注文価格が一致したら購入する仕組み、つまり『販売所=企業に設定されたもの』『取引所=ビットコイン(bitcoin)所有者に設定されたもの』ということです。

いわば私たちの直接的な買い物とネットオークションです。それぞれの特徴を同様に比較してみます。さて、違いの次はそれぞれの特徴です。といっても説明するほどの特徴はないので簡単にあげます。

販売では誰が売買しているのかが分かるが、取引所では誰と売買しているかわからない、販売所では提示している価格で確実な購入可能、取引所では売買注文での板情報に出ている取引価格と数量で売買可能となっています。

違いからわかる理由も含めた考察

情報整理をしていきますが最初にわかったこととして、販売所は存在する企業が価格等を設定しているので誰が売買しているのか一目瞭然です。しかし一方で取引所は違います。

取引所では顔も見知らぬ売り手が価格を自由に設定しているため誰が売買しているのか知ることができないです。そしてここで質問されたとします。あなたなら購入するとき、そして売却するときどちらを活用しますかと答えに取引所が購入方法として最も主流だとされる理由が隠されているのです。

知っているとは思いますがビットコインは通常毎秒ごとに価格が変化します。だから購入には指定された値段がオークションのように様々ある取引所が、売却には売買不成立になったり、安値で売却されにくい販売所が有利なわけです。

自由に価格操作できるというのは自分の商才が試される瞬間ですよね。こういうのが好きな人、得意な人にはもってこいかもしれないです。ちなみにですが、ビットコインの取引所で最も主流なのはビットフライヤーです。またコインチェックは簡単に操作ができるという点から最近名をあげてきています。

どちらにせよ販売所も取引所も両方運営しているので、変わるのは手数料や機能性程度かと思います。=(どのサイトの使い勝手が良いかなどはご自身の判断にお任せします。)販売所も取引所もうまく使い分けていって欲しいです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する