⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

リップルコインの国際送金サービスシステムに世界各国のメガバンクが参入している「GPSG」に、三菱東京UFJ銀行が参加するという発表がありました。

これを受けてリップルコインの相場が急に大きく上昇しました。いろいろな情報で相場は大きく影響されますが、これからのリップルコインの最新の相場を確認できる方法を見てみましょう。

リップルコインとは

アルトコインの中のリップルコイン

ビットコインは仮想通貨の代表と言える基軸通貨ですが、それと同じように他にも様々な仮想通貨が登場しています。

仮想通貨は大きく分けてビットコインと、それ以外の「アルトコイン」という名称で分類されており、リップルコインはその中の一つとなります。

仮想通貨でビットコイン以外の通貨はアルトコインって呼ぶそうですが、ビットコインの代替えのコインという意味のようですね。

そのアルトコインのうち、リップルコインやライトコイン、ドージコイン、ピアーコインなどが少しづつ有名になってきておりますが、根本的なシステムはビットコインと同じで、世界中で500種類以上ものコインが作成されています。

そもそも仮想通貨としてのリップル(Ripple、単位はXPR)という名称は開発システムの事を表してまして、リップルコインと日本では一部の人がそう呼んでいますが、リップルコインという名称は存在しません。ビットコインから派生した言葉でして、リップルコインというのは俗称のようなものです。

これは、カナダのウェブ開発者である Ryan Fugger 氏によって2004年に開発されました。XPRはゲートウェイと呼ばれる業者を経由して、法定通貨やビットコインと交換することが可能なのです。リップルプロトコルで法定通貨を送金する時にXPRを消費する仕組みです。

発行上限は決まっていて、ビットコインと同じく1000億XRPまでとなっておりますビットコインと違いリップルコインはRipple Labs INCという法人が実質管理していて、この法人が法定通貨との交換を保証してくれます。保証があると聞くと何か安心しますよね。

リップルコインのメリットは?

まず安い手数料で、両替(交換)が出来ます。

ビットコインも両替(交換)は出来ますが、このリップルコインの最大の特徴は世界中の法定通貨、マイナー通貨、株、債券、金などと、いろんなものを対象として両替業者を使用せずに、両替することが出来るのです。

ただ、開発者が考えたリップルコインの一番シンプルな利用目的は、「ブロックチェーンを使用せずに、2つの通貨間の取引をスムーズにするためのブリッジ通貨ととしての機能」このために開発されたということのようです。

リップルコインの利点と利用するメリットとは、どんなことが考えられるでしょうか?

  • 即時送金のスピードの速さ
  • 振込み手数料を無料とする
  • 各種通貨の口座残高が瞬時に確認できる
  • 両替や取引(売り買い・トレード)の利便性
  • 個人間の信用での取引が簡単に行えること

 

世界中の金融の取引にリップルコイン(XRP)が利用されれば今以上に、 利便性が増して低コストな取引が可能となります。しかし、国の法定通貨としての中央銀行の管理が出来ない点は、 メリットでもデメリットでもあるようです。

送金のスピードが即時ということから、取引は24時間365日間いつでもスピーディーに実行される事となります。リップルコインウォレット内の取引は自動ですので、即時にお金は相手に届きすぐに利用可能となります。そして他の通貨への両替も簡単に行うことができるのです。

リップルコインの今の価格の調べ方

リップルラボ公式チャート

リップルコイン(XRP)の相場(今の価格)を知りたいときには自分自身で、Ripple Labs リップルラボ公式チャートで確認することが出来ます。(リップルラボ財団が運営する公式サイト)

最近のチャート

リップルの相場の動向

2016年12月11日: 1リップル(XRP)0.77円

2017年1月11日: 1リップル(XRP)0.74円

2017年2月11日: 1リップル(XRP)0.71円

2017年3月9日: 1リップル(XRP)0.75円

2017年4月3日:1リップル(XRP)6.25円

2017年4月30日:1リップル(XRP)5.16円

ここ数ヶ月の動向は以上の様になっています。2016年末から2017年3月頃までは、全体的に大きな変動もなく、安定した価格を付けていました。

ところが、2017年4月に入ってからは大きく値を上げてきています。三菱東京UFJ銀行や住信SBI銀行のニュースが流れた影響と思われますが。

過去の相場を見てみますと、 2014年1月頃に大きく値を上げているときがありますね。

1リップル(XRP)6円ほどにはなっています。そこから急に値を下げて0.5円程度まで下落しています。これがおおよそ2014年の5月頃です。そこからはほぼ同じくらいの価格で推移していき、2015年の1月頃には3円強まで値を上げています。 そこから5月頃をピークとして値を下げて、1円付近をうろうろして、2017年3月の価格となっていました。

これからのリップルコイン

世界中の金融が身近になる

インターネットの接続環境さえあれば世界中の取引が可能となりますので、世界中で銀行との取引の少ない国々の人にも金融サービスが受けられる仮想通貨システムであるリップル(XRP)という電子送金プロトコルを構築していくことで、世界中の貿易摩擦を少なくし、世界中の金融取引をより活性化させていくことが出来ます。

これがripple社 目指すプロトコルとしてのリップルコインとなります。

これだけ大きな世界の金融取引を変えるプロジェクトが簡単に進むはずもありませんし、世界的にも認知され利用されるには、相当な時間も必要とすることでしょう。リップルコインの評価や価値、価格も少しづつですが上昇傾向に着実に進行してます。それが加速して行けば、大爆発する状態になることでしょう。

長期的な見方が必要?

  日本においても仮想通貨に関する法改正や、リップルコインを世界中で利用する動きがありますので、これから先は高騰していく可能性があります。

当初は1円にも満たなかったリップルコインの価格ですが、最高で8円台までいったことによりリップルコインの価格が一時期10倍近くになりました。

これからのリップルコインの相場はどうなっていくのか?を専門家が述べてますが、近いうちに30円にはなるだろうとコメントする方もいます。

2020年に東京オリンピックの開催が決定しましたので、 世界中の人々が日本に来てくれるでしょう。それまでにリップルコインが日本にどれほど普及して、定着しているということが、リップルコイン相場の第一の山場と考えられています。

それまでに、リップルコインが日本を含めた世界で金融取引として認められていて、リップルコインでの支払いが日本中で可能であれば、東京オリンピックの開催を起爆剤として間違いなく相場が爆発することになるでしょう。

現時点では、そのチャンスが来ていないだけの事なのです。グーグルが運営する投資会社もリップルコインへの投資した理由は必ず存在しており、リップルコインにとって有利に展開する事でしょう。

まとめ

世界中から観光客が日本を訪れる東京オリンピックが、リップルコイン価格上昇の一つの山場となるのではないでしょうか。今のうちにリップルコインを少しでも購入しておいて、それまで持ち続けるということも良いのではと思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する