⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

リップルコインの2017年の相場は気になりますよね。日本をはじめとした世界中の銀行がインフラとして、これから続々とリップルの導入を進めていけば、リップルコインの相場が必然的に上昇していきそうな気がしますが、さて皆さんはどう思われますでしょうか。

なぜリップルコインなのか?

リップルコインはビットコインなどの仮想通貨とは全く違う別物なのです。リップルコインというのは仮想通貨の名前ではなくて、Ripple XRPというシステム(決済サービス)の名前なのですが、ここではあえてリップルコインと表現します。

リップルコインは世界の「決済サービス」

お金を世界中でやり取りしたするために、世界各国のお金の種類に応じた為替を円滑に行う目的で開発された、世界中で最も信頼が置ける「決済サービス」ということになります。

リップル の分散型金融技術のおかげによって、銀行は従来からある決済ネットワークの枠を越えて、リアルタイムで行える国際決済をすることが出来るようになります。

Rippleの目的はオンライン上の国際取引をとても簡単に、
低コストで行う手段として期待されています。

出典http://d-illust.com/bitcoin/

リップルがビットコインと決定的に違う点は、オンライン仮想通貨であるが単一はないというところです。1リップルの料金を支払えば、ドル、ユーロ、円、さらにはビットコインでさえも、お金を送金できるシステムなのです。リップルコインは、2種類の通貨と通貨の取引をスムーズに行うための「ブリッジ通貨」としての役割を果たす能力があるのです。

1リップルの料金を支払えば、
ドル、ユーロ、円、さらにビットコインでさえ、
金銭を送受できる。

出典http://bitcoin-matome.info/consideration/bitcoin-vs-ripple/

中立的通貨としての機能を持つ

リップルコイン を活用することで、銀行は支払額の大小の規模に関わらず、スピーディーでローコストなオンデマンド国際決済サービスに対して高まる需要を満足させることができます。

その結果として、銀行は新たな収益の機会、処理コストを低く抑えて、そしてより満足のいく顧客体験を収得することが可能となるとリップル社の企業コメントにあります。銀行にとっては有利になるシステムにより、多くの銀行が導入に動き出しているようです。

現在は国ごとに異なっている
決済プロトコルをグローバルで統合し、
あらゆる「価値」をあたかもEメールや情報のように
基本的に無料で、世界中どこへでも動かせるようにする。
これがリップルの目標だ。

出典http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140421/263232/?rt=nocnt

リップルコインは仮想通貨で唯一の中立的通貨としての機能を持ちます。(下図のXRPがリップルコインの事です)

XRPが中間通貨の役割を果たし、
通貨や仮想通貨の種類に捕われる必要無く
数秒で送受信ができ、
送受信以外にも
ウォレット内で円をユーロへ
両替することも出来ます。
ドル、ビットコイン、モナコイン、
あらゆる通貨、仮想通貨の
自動両替が可能です。

出典dtnoah.weebly.com

Rippleの活用 により、銀行は新規の収益機会を開拓し、処理コストを下げ、国際送金における顧客満足度を飛躍的に上昇させることができます。Rippleを統合すれば、拡大する金融機関および流動性提供者のRippleネットワークにアクセスし、そのベネフィットを享受し続けることができます。

シリコンバレー発の仮想通過リップル

リップルは、P2P(個人間)の仕組みに基づいて、
分散型の金融取引を実現するための決済プロトコルだ。

出典http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140421/263232/?rt=nocnt

リップルコインの今後の動向

長期保有し値上がりを狙う

ビットコインが世界に発表されて以来、仮想通貨業界は先駆者ビットコインの一人勝ち状態となっています。そのシステムから派生したと言われるライトコイン(Litecoin)や、イーサリアム(Ethereum)などと、今現在においても、ビットコインを中心とした新規開発が続いています。

そのような中でアメリカでは、ビットライセンス(BitLicense)と呼ばれる違法行為や、マネー・ロンダリングに対応すべく、ビットコインの取り扱い業者を規制する目的のライセンス制度が導入され、仮想通貨への厳しい規制がかけられています。

そのような状況の中でも、リップルのネットワークに加入するという銀行があり、世界でも大手のクレッジトカードと連携を行うという情報が流れたりしていますが、リップルネットワークには、世界の銀行TOP50行の内の、15行が加入しているようです。

リップルコインという新たな資金移動の手段が世界中に拡大することにより、既存の銀行やクレジットカード会社も有効利用を始めたということでしょうか。今現在において今後の伸びしろがある仮想通貨の1つとして期待されるのに、リップルコインがあります。

Bitcoinが10万倍以上の価値に
跳ね上がって億万長者を何人も輩出したように
Rippleも同じように先行利益によって
億万長者を輩出する可能性が高いと言われています。

出典http://m-space.jp/?sekai

既にこのリップルの将来の価格高騰を見越して、
数百万円単位で購入している日本人もいると聞きます。

仮想通貨に関わる人たちの中では、
ビットコインと同じようなストーリーを描いている人もいるのです。

出典http://agora-web.jp/archives/1602221.html

世界中の銀行がリップルを導入し、
海外送金時にリップルプロトコルを
使用するのが当たり前の世の中になれば、
時価総額10兆円程度ならば現実的にあり得る話だ。

出典http://cryptocurrencymagazine.com/expectation-of-ripple-xrp-price

Bitcoinが10万倍以上の価値に

跳ね上がって億万長者を何人も輩出したように

Rippleも同じように先行利益によって

億万長者を輩出する可能性が高いと言われています。

出典http://m-space.jp/?sekai

Bitcoinが10万倍以上の価値に

跳ね上がって億万長者を何人も輩出したように

Rippleも同じように先行利益によって

億万長者を輩出する可能性が高いと言われています。

出典http://m-space.jp/?sekai

リップルコインのイメージとしては、

ビットコインは、取引の決済に利用する仮想通貨であり、一方のリップルコインは、世界各国の通貨の送金で使われるハブ仮想通貨というイメージだと思います。世界中の銀行間の送金などに順次リップルコインが導入されており、今後においてリップルコイン自体が消滅してしまうことは無いだろうと思われます。

リップルコインの特徴は短時間で安い手数料での取引が可能となっています。通貨の他に、金、ビットコインなどの仮想通貨などと、いろいろな通貨、資産でも送ることが出来ることも大きな特徴の1つと言えます。

リップルコインの価格が急上昇

リップルコインの創業者でCEOでもある、クリス・ラーセン(Chris Larsen)氏は、

「我々のミッションは、国際間の送金を銀行にとっても、彼らの顧客にとっても、本当の意味で効率化することで、実際に情報のように簡単にお金が移動できるインターネットの価値・世界の基礎を作っている。」

と述べております。この発表を受けて、リップルコインの価格は急上昇しました。

その理由としては、

・三菱UFJグループが、リップルコインのネットワークを利用した国際送金を発表した
・ビットコインの分裂問題の懸念

などが挙げられます。

リップルコインに関しては、今後も金融機関のリップルコインネットワーク参入などのニュースで大きく価格が上昇する可能性は高いと言えます。

まとめ

世界中の銀行やクレジット会社からも注目を集めるリップルコインは、これから大きく価値が上昇する可能性が高いと思われます。まだ価格が落ち着いている間に、仕込んでみるのも面白いかも知れませんね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する