⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はビットコイン(bitcoin)の購入方法で、一万円分購入するにはどうしたらいいかということについて詳しく解説していきます。

実際にビットコイン(bitcoin)を一万円分購入する人がどれくらいいるのかはわかりませんが、ただ押せばいいものとそうではなく自ら入力することによって一万円分購入できるものとがあるため、このような詳しく説明するところを設けるわけです。

確かに説明を聞けば簡単なことだと言えますが、説明を聞くまでよくわからない初心者も増えているので、情報の与えるものの種類は選ばないということです。

CoinCheckにおける購入方法

《クレジットカードで購入する場合について》

CoinCheckにログインしましたら、左のメニューの3番目「クレジットカードで買う」をクリックします。上から2番目の「10,000JPY」のボタンをクリックします。あとは「購入する」をクリックすればOKです。

すぐに購入できますので、急にビットコイン(bitcoin)が必要になった場合には、クレジットカードです。ここでは常にレートに注意することです。

表示されるレートを見てみると、「(そのときそのときの値)JPY/bitcoin」。また現物取引という指標もあります。レートをみて一万円分どうするかを決めるというパターンがこの例というわけです。レートに弄ばれても文句が言えない買い方です。

《銀行振り込みで購入する場合について》

左のメニューの5番目にでてくる「日本円/USドルを入金する」をクリックします。表示された銀行口座に「10000円」送金します。銀行の営業時間内なら、送金手数料216円ですぐ(インターネットバンキングを使って)買えますが、営業時間外では翌日扱いになります。

クレジットカードのようにレートに翻弄されたり、勝負したりなどということはないので楽と言えば楽でしょうが、これはお金で解決することができる手数料発生タイプです。方法によって手数料の料金の方も異なりますが、この方法はさほど高くないというだけの話です。あと営業時間に気にしなければならないというのがポイントになってきます。

《コンビニ入金で購入する場合について》

左のメニューの5番目に表示される「日本円/USドルを入金する」をクリックするという銀行振り込みと同じ手順ではじまります。次に「コンビニ入金」をクリックします。「入金額(円)」の欄に「10000」を入力して「決済申請」をクリックすればOKです。

あとはコンビニに行って入金してくるだけとなっています。利用できるコンビニは、「ローソン」「ミニストップ」「セイコーマート」「ファミリーマート」です。手数料は756円となっています。これだけ手数料がつくのは高めです。

営業時間およびレートなどは関係ありませんが、手数料が高めについているのは数回払えば大きな出費になる言えます。

《クイック入金で購入する場合について》

左のメニューの5番目にあらわれる「日本円/USドルを入金する」をクリックします。次に「コンビニ入金」をクリックします。「入金額(円)」の欄に「10000」を入力して「決済申請」をクリックすればOKです。あとはコンビニに行って入金するだけです。

クイック入金 ができる銀行はページ下に表示してありますのでご確認ください。手数料は756円です。「コンビニ入金」と「クイック入金」は、時間もコストも同じ、「銀行振込」は、コストは安いが時間外は翌日扱い、「クレジットカード購入」は、購入時間は即時ですが、コストが高いcoinchekでは、「USドルを入金」でビットコインを買う方法もあります。

購入原資「10,000円」でビットコインを購入する方法は、5つありますが、ビットコインの購入数量や、それ以外の手数料、決済時間に違いがあります。coinchekでは、スマートフォンのアプリでも対応しています。スマートフォンで対応する取引所はcoinchekだけです。

bitFlyerでの購入方法

《クレジットカードで購入する場合において》

左側のメニューから「クレジットカードで買う」をクリックしてください。トップに「クレジットカードて購入したビットコインは、購入後1週間売却、送付等ができません。」と、注意書きがありますので確認することです。

後は、日本円の欄に「10000」を入力です。使えるカードは、VISAとMASTERカードです。ちなみに、アカウントクラスが「プレミアムエコノミー」では、クレジットカードで買えませんので、こちらもご確認お願いします。

《日本円のご入金において》

左側のメニューに表示される「入出金」をクリックします。次に「日本円ご入金」をクリックすると、三井住友銀行、住信SBIネット銀行が設定されています。画面の指示に従って振込します。振込手数料は当然のことながら自己負担です。

振込手数料がいくらになるのかは今のところ情報がなく、やってみてくださいとしか言えない状況です。手数料が気になるという人は手数料がわかっている方法で一万円分購入すればいいというわけです。ここではネット銀行かあるいは普通の銀行かで、ネット銀行をつかっているついでに利用している人が多いと言えます。

《クイック入金における場合》

メニューは「入出金」のままです。次に「クイック入金」をクリックします。入金額に「10000」を入力します。クイック入金の手数料は324円です。bitFlyerでは、クイック入金に4つの方法があります。1つはインターネットバンキングで入金するで入金額に「10000」を入力した後、「インターネットバンキングで入金する」をクリックします。

大手銀行だけでなく、地方銀行や信用金庫も使えます。2つ目は楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行から入金するで、入金額に「10000」を入力した後、「楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行から入金する」をクリックいます。ここで、さらに選択肢があります。

「ネットバンキング」「コンビニの店頭レジ」「コンビニ店頭設置端末」が選択できます。ネットバンキングでお支払いは「じぶん銀行」「ジャパンネット銀行」「住信SBIネット銀行」「楽天銀行」の口座が使えます。

店頭レジでお支払い「デイリーヤマザキ」「スリーエフ」の店頭で、スタッフに「オンライン決済」と伝えます。あとは「オンライン決済番号の入力」、「内容の確認」「現金の支払い」の流れです。レシートは必ず受け取ります。取扱は現金のみで上限は30万円までです。

《店頭設置端末払いの場合》

FamilyMart、LOWSON、サークルK、Seicomartの店頭設置端末でお支払いができます。

FamilyMartはFamiポートで操作します。LOWSONはLoppiで操作します。サークルKはKステーションで操作します。Seicomartはクラブステーションで操作します。取扱明細兼領収書を必ず受け取ることです。

Zaifクレジットカードで購入方法

画面の順番に沿って進めます。まず、最初にZaifでは、BitcoinとMonacoinを扱っています。今回はBitcoinを選択します。2.次に購入金額「10000」を入力します。ここで本人確認の手続きが終わっていないと、5千円までしか買えないです。

3.Bitcoinの購入数量が表示されますので確認します。4.確認が出来ましたら、「購入手続きへ」をクリックして続きを処理します。朱書きで、「手続き開始から10分以内にクレジットカード決済を終了してください」と表示しています。ご注意します。使えるカードは、日本国内で発行された、VISAとMASTERカードです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する