⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はビットコイン(bitcoin)関連銘柄について詳しくみていきます。

どんな特徴を持ってどんな銘柄があるのかを詳しく解説して、感想も述べていきたいと思います。またそれぞれの銘柄のビットコイン(bitcoin)数もみてみたらいいと思います。

ビットコイン(bitcoin)数なのかそれともそれ以外のものが本命になっていることに関係しているのかということを色々考えてみたらいいと言えます。自分で予想立ててみたりしたら面白いものだと言えます。

ビットコイン(bitcoin)関連銘柄になった理由はどんなものなのかを少しだけでも垣間見てみることができると言えます。関連銘柄には3種類あることも詳しく解説していきます。

《ビットコイン(bitcoin)関連銘柄株ファイター銘柄について》

メタップスという6172ビットコイン(bitcoin)保有する会社はビットコイン(bitcoin)関連というよりも決済サービスや人工知能の会社として有名です。

2016年10月にはみずほ銀行と提携しFIntechの決済サービスを開発するニュースが流れたとき、株価はストップ高になったことがあります。佐藤航陽社長にも興味深い言及をしており注目です。新しい決済サービスとして導入されたビットコイン(bitcoin)、人工知能など世界の先端をいっていると言えます。

株が注目された会社がなぜビットコイン(bitcoin)と深く関わっているのかということは謎です。また銘柄として名をはせていることができる理由は何なのかと言うこともわかっていないのです。個人的に考えられるのはサービスのバリエーションと株価で話題に上がり、ビットコイン(bitcoin)と関係性の深い関連銘柄企業として名をはせることができていると言えます。

株に関係するこの会社がどのようにビットコイン(bitcoin)関連と称されるようになったのかということはいずれ分かるようになることだと言えます。この会社について何を知ることができて、何の得になるのかと思うところが本音だと言えます。この会社のホームページをみたら分かると思いますが、経営戦略がデータと人工知能を使った新しい経済やお金の実現と明記されています。

《ビットコイン(bitcoin)関連銘柄本命について》

ビットコイン(bitcoin)関連銘柄本命で1番はじめに紹介するのは、3696ビットコイン(bitcoin)コイン保有するセレスという会社です。

この会社は国内最大手のビットコイン(bitcoin)取引所bitFlyer(ビットフライヤー)と提携しビットコイン(bitcoin)送金サービス「CoinTip」を開始しています。CoinTipはSNS上で気軽に少額のビットコイン(bitcoin)をチップとして上げることのできるサービスとなっています。

普及すればビットコインの敷居が下がっていくことが予想できるなと思います。この会社は簡単に言えばインターネットマーケティング会社です。マーケティングのプロがなぜビットコイン(bitcoin)関連銘柄として名をはせることになったのか謎です。

次に紹介するのはJトラストという8508ビットコイン(bitcoin)も保有している会社です。

この会社もたくさんの事業を行っているところが特徴の会社です。たくさんの事業が潰れずに上手くいっているのはところどころのコツをつかんでいるからだと言えます。一言で言えばこの会社は金融業です。またこの会社の事業は日本にとどまらず東南アジアでの事業も展開しています。

もしかしたら地域どうしで相互することによって経営が思い通りに進んでいると思えます。世界的という面でビットコイン(bitcoin)と一致していると言えます。最後に紹介するのが、GMOメディアという6180ビットコイン(bitcoin)を持つインターネットグループ企業です。

主に行っているサービスはインターネットメディア事業、デジタルメディアコンテンツ事業です。このデジタルメディアコンテンツ事業で注目されたのが、ビットコイン(bitcoin)でオンラインゲームの有料アイテムを購入できる施策を打った会社という点です。

オンラインゲームとビットコイン(bitcoin)の親和性は非常に高く、決済手数料が安いビットコイン(bitcoin)での購入が増えればもっと収益が上がると予想できるはずです。

《ビットコイン(bitcoin)関連銘柄の中穴に関して》

ビットコイン(bitcoin)関連銘柄の中穴で最初に紹介するのが、3807ビットコイン(bitcoin)持っているフィスコという会社です。

ここの会社は情報および通信業を営むところで、ここの会社もたくさんの事業を手がけています。情報および通信業を営む会社がなぜビットコイン(bitcoin)と関わりがあり、関連銘柄となったのかということですが、ここの会社もやはりたくさんの事業を展開しているということが1番の理由であると思います。

どれだけ経営が上手くいっているのかを推し量る喜寿になるからだと言えます。運営するフィスコ暗号通貨取引所ではビットコイン(bitcoin)だけでなくモナコインも取引できます。モナコインとは2ちゃんねるのソフトウェア板の住人によって開発された日本初の暗号通貨でホリエモンも注目しています。

そういう通過をいち早く扱う柔軟性は企業として評価できるところです。次に紹介するのはビットコイン(bitcoin)関連銘柄最多8732ビットコイン(bitcoin)保有のマネーパートナーズグループです。

この会社は「Kraken」名義でビットコイン(bitcoin)取引所を世界的に運営する米Paywordと業務提携するなど積極的に動いています。マネーパートナーズグループの奥山社長はビットコイン(bitcoin)の法整備など、未来に向けて取り組んでいることから今後も注目したいと言えます。

《その他ビットコイン(bitcoin)関連銘柄》

その他のビットコイン(bitcoin)関連銘柄が二つあり、一つはリアルワールドという3691ビットコイン(bitcoin)を保有する会社です。この会社はクラウドソーシングサービスを展開する会社で、東南アジアのシンガポールにも事業を展開しているグローバルな会社と言えます。

またポイントサイト『Gendama』、『ライフマイル』を運営しています。ビットコイン(bitcoin)販売所を運営しているbitFlyerと、ビットコイン(bitcoin)へのポイント交換に関する業務提携を行うと発表しています。二つめはリミックスポイントという会社で3825ビットコイン(bitcoin)保有しています。

ここの会社は車両査定の行程を完全システム化し、専門的な知識や経験は一切必要なく、誰でもプロ顔負けの査定が可能な中古車査定アプリケーション や電力供給を行う電力事業も展開しています。また暗号通貨交換所の運営、フィンテック関連事業の推進を行う株式会社ビットポイント(子会社)を設立しています。

サービスのクオリティーの高さがかなり高い会社であることがこの短な文章からわかったと思います。このようにして、ビットコイン(bitcoin)関連銘柄になった会社にはさまざまなサービスをはじめとする特徴があります。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する