⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインは抜群の利便性からシェアが全世界で急速に拡大しています。そんなビットコインに今後待ち受ける危険性とはどんなものが考えられるでしょうか?

今回はビットコインが今後危険と思われる理由について解析していきたいと思います。

ビットコインとは

ビットコインは仮想通貨=暗号通貨の一種で、代表的な基軸通貨です。

ビットコインはTポイントなどのポイントやSuicaなどの電子マネーとよく比較されますが、利用の仕方についてはそういった電子マネーをイメージしていただければ良いと思います。

暗号通貨はいわゆるお金(=法定通貨:国が発行するお金)とは違って、紙幣や硬貨などといった実物を持たない通貨のことです。ビットコインの単位はBTCですが、1BTCの紙幣や硬貨があるわけではありません。実物そのものがないのです。だから“仮想”通貨と呼ばれるのです。

実物がない通貨…怪しい話に聞こえますが、ネット上で強力に保護管理された数値情報として仮想通貨は存在しています。“ウォレット”と呼ばれるネット上もしくはカードや紙に記録された個人の財布で保管される数値情報が仮想通貨なわけですが、ちゃんと他のお金と交換できる価値を持っています。

その理由は、

1.この数値情報は一定のルール上で発行されており、発行量には上限が設定されています。しかも複製できないような強力なシステムによって保護されている

2.モノやサービスと交換できる(ここは電子マネーと同じ)

3.取引所で法定通貨と盛んに交換されている

1.のシステムの強固性が人々の信用を勝ち取り、2.、3.、という現象が起きたとも言えます。さらにビットコインならではのメリットとして、

1.管理者を持たないため、その価値が薄まることがない(例えば日本銀行の管理する円の場合、国の経済政策で大量に日本円の紙幣が刷られて価値が下落している(=円安誘導))

2.国内・国際送金が約10分間で格安の手数料(数円~数十円のレベル)で可能

3.世界共通の独立した通貨単位なので、様々な国を移動してもそれぞれ訪問国の通貨を用意する必要がない

そのため、グローバル化の進む現代の仕事のニーズをがっちりつかんでいる、利便性の高いツールになっています。

インターネット上で展開されるビットコイン取引所では、ビットコインと円やドル、ユーロなどといった法定通貨とのトレードが盛んにおこなわれており、2017年前半で、1ビットコインは10万円~15万円程度の相場で取引されているのです。

ビットコインの今後の危険性

そんなビットコインですが、危険性は全くないかというとそういうわけではありません。
これから、考えられるビットコインの危険性について検証していきたいと思います。

1. ビットコインのハードフォーク問題

最近、ビットコインがハードフォークするのではないかという問題が顕在化してきています。これが、今後ビットコインの抱える危険性の中で最も大きな問題になります。

「そもそもハードフォークとは何?」という方が多いかもしれませんが、ハードフォークとは簡単に言うと「分裂」ということです。

ハードフォーク

ハードフォークとは、その仮想通貨のルールを変える際に旧ルールを無視し、新ルールを新たに適用することです。これによって新ルールと旧ルールとの互換性が無くなります。

仮想通貨はブロックチェーンというシステムによって成り立っています。ブロックチェーンは最初から連なる一つのデータの列でできており、すべての取引情報がその列の中に順番に入っています。

この列はいくつかの取引をひとまとめにしたブロックを数珠のようにつなぐことで成り立っており、各取引は各ブロックがいっぱいになると承認されて成立するシステムになっています。(満員になり次第発車して、乗れなかった人は次のバスに誘導する大規模なイベント会場へのピストン輸送をイメージしてください)

このシステムの仕様を変更する場合、

① それら全ての仕様を変更し以前の仕様も使えるままにする方法(互換性を保つ方法)

② 新仕様を採用しそれまでの旧仕様は無視をする方法(新旧で互換性がなくなる方法)
があり、

① をソフトフォーク

② をハードフォーク

と呼びます。

ハードフォークは完全に新仕様になるため旧仕様との互換性が無くなります。完全に新しい仕様に一新することができるので大胆なシステムの変更が可能なのですが、旧仕様との互換性が無くなるために、持っている仮想通貨を期限までにアップデートをしないと旧仕様のまま取り残されます。すなわち「分裂」です。

ソフトフォークは旧仕様との互換性があるので旧仕様を残したまま新仕様を利用することになります。かつての取引記録も有効性が保たれます。これはWindowsやiOSの「アップデート」に近いものです。

ハードフォークが行われると、「旧仕様」「新仕様」両方の仮想通貨が存在することになります。(その後消滅するかどうかは別の問題です。)

ハードフォークの実例

イーサリアムはハードフォークを行った実例として最もメジャーです。

The DAOというイーサリアムネットワークを使ったICO (Initial Coin Offering:仮想通貨を新しく発行し、一般に売り出すことで資金を調達することを指す。未公開株の売りだしIPOの仮想通貨版) でのDAO流出問題が起こりましたが、その後にイーサリアムのハードフォークが行われました。

結果としてイーサリアムは再び信用を取り戻すこととなり、価格も上昇したので成功したということになります。

ブロックチェーンのシステムでは、「不可逆性」や「改ざんしにくい」という特徴があるため、これまでのやり方ではない解決策が取られているようです。

ビットコインはなぜハードフォークする?

今回の件では、問題の発端としてビットコインの「ブロックサイズ問題」があります。ブロックサイズ問題とはすなわち
「ビットコインのブロック(帳簿)のサイズが小さすぎるので、全世界の人々が一気にビットコイン取引をしたら取引の承認作業がパンクして耐えられない」という問題です。

実際に、ビットコイン取引の成立までの時間が最近徐々に伸びています。私の経験上では、取引量の少ないときには10分程度で成立しますが、取引量の多いときは数時間~十数時間かかっているときもあります。

この解決策として

「ブロックサイズを大きくする(ピストン輸送のバスを大きくして一台にたくさんの乗客を乗せられるようにしよう)」

「ブロックサイズを大きくすると危険(ハッカーに攻撃されたりする)だから他の方法で解決しよう」

などといった意見が出ていました。

そこで長い間、どうするべきか、開発者チームや採掘者チームなど皆で議論を重ねてきましたが、結論がなかなか出ませんでした。

その結果として、「結論が出ないなら、もうブロックチェーンを分岐させて(ハードフォークさせて)新たなビットコインを作るよ」という人たち(主に採掘者)が出てきました。それに賛同する人達が増え、Bitcoin Unlimitedという新たなビットコインを作ろうという流れができたため、今回のハードフォーク騒ぎになったということです。

議論がこじれた原因としては

「コア開発者」…昔ながらのビットコイン職人

「マイナー(採掘者)」…ビットコインを採掘して利益を得る人

「コア開発者に反発する開発者」…ビットコインを改革したい人

「ビットコイン関連企業」…ビットコインを使ったビジネスをする人

「ビットコインユーザー」…私たちのようなビットコインを使う人

関係者のそれぞれの立場上、思惑が大きく異なっていたからです。特にコア開発者側と採掘者側の間で意見の対立が大きかったようです。

ビットコインの今後

ビットコインはコア開発者側のBitcoin Coreと、採掘者側のBitcoin Unlimitedに分裂するリスクがあります。

もしハードフォークが行われた場合、例えば現在10ビットコインを持っていたとすると、これが7ビットコインコア(BTC)と3ビットコインアンリミテッド(BTU)という風に分裂して取り扱われるようになると予想されています。10BTCと10BTU同数持つことになると予想しているところもあります。

その後のBTCとBTUの価格がどう動くのか誰にもわかりません。どちらかが消滅するのか、どちらとも存在するのか、一方が値を上げて一方が値を下げるのか、どちらとも下がるのか、上がるのか、本当にわかりません。

このような混乱の中で、全世界の仮想通貨取引所19社が共同で緊急声明を発表しました。

Bitcoin Unlimitedによるハードフォーク問題に対するビットコイン取引所からの共同声明文 2017年3月18日(Zaif ホームページより引用)

“ビットコインのエコシステムにおける取引所として、我々はこの業界特有の問題に直面しています。正しくは、我々コミュニティ全体に対して、これから先にビットコインのネットワーク分裂が本当に起こりうるという事実を突きつけられているということです。ビットコインネットワークで有効となりそうなこの賛否両論のハードフォークに対して、我々が業界全体として取ろうとしている対策について、この機会を以てコミュニティに対してお伝えします。

まず始めに、我々はこの問題について、判断を後まわしにするつもりはない事を明確にしておきたいと思います。もしビットコインの採掘者が、互換性のない代替的なプロトコルの実装についてそのハッシュパワーを行使することを望むのであれば、それはそれとして彼らの正当な権利です。しかしながら我々は、そのようなハードフォークにおいては採掘者だけではなく、ユーザーを含めてコンセンサスを得るべきであると考えており、今回はまだそのようなコンセンサスを確立できておりません。

我々は取引所として、24時間365日継続してトレードが可能なマーケットを維持する責任を負っています。我々には、このハードフォーク問題に対して対処方法を備えるため、業界全体として理路整然としたアプローチを支持する義務があります。

たとえビットコインがハードフォークするとしても、我々は取引所の運営を休止することができないため、どちらが勝利者となるかをただ見守っているというわけにはいきません。我々の運営する取引所の多くは、マーケットが継続して運営されることを前提としたレバレッジ取引を提供しています。その運営の必須条件という観点からだけでも、我々は互換性のない側のフォークを新しいアセットとして取り扱わざるを得ません。

今回はBitcoin Unlimitedプロジェクトによって引き起こされるハードフォークが発生しようとしておりますので、それが現実となる場合は、我々はBitcoin Unlimitedのフォークを「BTU」(あるいは「XBU」)として取り扱うことを決定いたしました。

Bitcoin Coreの実装は引き続きBTC(あるいはXBT)としてトレードされ、たとえBTUのブロックチェーンがCoreのそれより多くのハッシュパワーを有するとしても、我々が運営する全ての取引所においては、Core側をBTCとして入金と出金の対象とします。取引所の一部はBTUも取り扱うことを検討しておりますが、その場合は一定の手順を経てから、顧客のBTU資産へのアクセスを有効にし維持することになります。しかしながら、ここに声明を発表した取引所においては、それら2つのブロックチェーンを問題なしに独立して運用できるようにならない限りは、BTUを取り扱うことができません。それ故に、Bitcoin Unlimitedのコミュニティ(もしくはその他のコンセンサスを乱すあらゆる実装)に対しては、我々としては強固な”two-way replay”(2チェーン間におけるトランザクションの重複ブロードキャスト)防止策の実装を強く要望いたします。それなしには、我々には顧客のためのBTUネットワーク運用準備が不可能であり、BTUの取り扱い開始しにおける遅延もしくは除外の原因となります。

要約すると、もしこのハードフォーク問題が実際に起こるとすれば、我々はBitcoin Coreの実装を引き続きBTC(あるいはXBT)として取り扱い、そして適切な”replay”防止策の実装を前提とした上で、新しいフォークをBTU(あるいはXBU)として取り扱うことになります。我々はこれを、審判の結果や哲学的な回答としてではなく、運営面と実用面の両方からの判断として実施いたします。

今回のハードフォーク問題は回避できない可能性があり、また、それは最終的にはチェーン上の許容量増加につながる可能性があることから、本件にまつわる潜在的な混乱を最小限に留めるためにも、我々には、顧客に対して明確で一貫した計画を提示する義務があります。我々は、このビットコイン史の転機に伴うリスクをできる限り軽減するためにも、開発者コミュニティからのあらゆる支援を歓迎します。“

難しい内容ですが、簡単に言うと

・声明を発表した19社はビットコインのハードフォークが実際に起こった場合、Bitcoin Coreをビットコインとして取り扱う

・Bitcoin Unlimitedは、別の通貨として識別し、セキュリティ上の問題を克服しない限り、この19社は取り扱わない

この19社は世界的にも取引量の多いメジャーな19社になります。

日本からはbitbank、Coincheck、Zaifの3社、海外からはKraken、bitfinex、bitstamp、bitonic、bitso、bitsquare、bitt、bittrex、btcc、coinfloor、itBit、QuadrigaCX、ripio、Shapeshift、TheRockが賛同しました。

また、この共同声明と同時にアルトコイン取引所最大手Poloniexや、BitMEXもハードフォークに対して同様のスタンスを取ることを表明しました。

これによって、取引所側はBitcoin core側についたとも取れると思います。

ただし、ハードフォーク自体については肯定も否定もしていません。

Bitcoin Unlimited側が、セキュリティ対策(強固な”two-way replay”(2チェーン間におけるトランザクションの重複ブロードキャスト)防止策の実装)を講じれば、独立した通貨として取り扱われるため、ビットコインの分裂は事実上容認されることになります。

ただ、Bitcoin Unlimited側の目的は、独立した通貨を作ることではなく、あくまで既存のビットコインに取って代わることなので、今後積極的にこの取引所団体の提案に乗って動いてくるかは微妙なところになりそうです。

ビットコイン、このまま保有していていいの?

私の個人的な意見としては、このまま何も考えずにビットコインを保有し続けるのはハイリスクだということを自覚したほうが良いと思います。

長期的に見れば、ビットコインはその利便性からもっと世界中に利用者が増加し、既存の銀行に取って代わるような事態になれば発行総数に上限があることからその価値は大きく上昇することになると思います。

短期的に見ると、ハードフォークによってビットコインの信頼性が失われて一時的に大きく値を下げることはあると思います。完全にみんなからそっぽを向かれて「ビットコイン消滅」とはならないと思っていますが、可能性は0%ではありません。短期目線なら、リスクに備えてビットコインをほかの通貨に換えておいても良いかもしれません。

ハードフォークが強行されないことが良いのか、今後の利便性を考えて改革が進むのが良いのか、結局のところ“未来は誰にも分からない”のです。

ただ、ビットコインを保有するのであれば、ハードフォーク強行によってしばらく取引所でビットコインが使えなくなる場合に備えて、ハードウェアウォレットに保管しておくことをお勧めします。

2. ウォレットのリスク

オンライン上に仮想通貨を保持する取引所がハッカーたちが襲撃されビットコインを奪われる強盗事件が多発しています。取引所やネット上のウォレットに保管してあるビットコインはオンライン上にあるため、常にハッカーにより盗まれる危険性をはらんでいます。仮想通貨ならではのリスクですね。紙幣や硬貨の場合は実際に強盗に入られるリスクがあるわけですから、刺されたりしないだけマシかもしれませんが…

ハッカーによる被害者に共通することは、大量のビットコインをオンライン上のウォレットに保管しており、かつそのセキュリティ設定が緩いということです。

「ウォレット」はインターネットに接続されたストレージシステムのことで、他の仮想通貨ユーザーに即座に送金できる便利なシステムです。

被害者たちは、ログイン認証情報を適切にロックしていないため、ネットワークが完全に保護されていません。それは丸腰で戦場を歩いているようなもので、知らない間に大金が抜き取られてしまいます。

オンラインでないとその利便性を発揮できないビットコインですが、大量のビットコインをオンラインのみで管理するのはおススメできません。資産情報を紙やカードのみに記録してインターネットから切り離したハードウォレットに保管するのがベストです。その紙やカードを失くして資産を失うリスクが新たに発生することにはなりますが、ハッキングされるよりはリスクは低いはずです。

3. カウンターパーティーリスク

カウンターパーティ・リスクとは取引相手が債務不履行になったり、デフォルト(倒産)を起こすことで取引が完結しなくなるリスクのことを指しています。

有名な例としては、

2014年に当時世界最大のビットコイン取引所「マウントゴックス」が多くの顧客のビットコインを預かったまま突然閉鎖するという大事件がありました。

表向きはハッカーの攻撃により顧客のビットコインを盗まれたとしていましたが、翌年に元経営者が逮捕されました。事件の真相は内部の横領による犯行だったことが判明しています。

この事件は日本でも大きなニュースになりました。あなたもご存知のことと思います。

結局顧客がマウントゴックスに預けたビットコインは戻ってくることはなく、債権者は泣き寝入りするしかありませんでした。マウントゴックスのように突然いなくなる(飛ぶ)行為に「Goxする(ゴックスする)」という造語が生まれたくらい衝撃が世界中に走りました。

この事件は、第三者に仮想通貨をゆだねることの危険性を示す大きな機会になりました。

管理主体の存在しない“自由”な仮想通貨の管理を第三者に任せるのは基本的にリスクの高い行動であると言わざるを得ません。大きな会社だろうが、名の通った会社だろうが、仮想通貨の世界では第三者を盲目的に信用しないことをお勧めします。

ある時、突然いなくなっても関係者を追いかけることは非常に困難を極めます。匿名性の高いインターネットの世界ならではかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?ビットコインの今後の危険性としてはやはりハードフォーク問題が最大のリスクになると思います。ほかにもオンラインで役立つ特性があることから、オンラインならではのリスクを抱えていると言えます。

危険性を認識して、十分なセキュリティ対策を行えば、ビットコインは非常に役立ち、資産ともなる大きな可能性を秘めた私たちの味方になってくれるでしょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する