⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインとは通貨として使用できるインターネット上の数値情報です。そんなもの危ないよ!と言われそうですが、ビットコインの管理システムは極めて強固なのでそう簡単には危険なことにはならないとされています。

では、あえてビットコインの危険性を指摘するとしたら現時点ではどのようなことが考えられるでしょうか?

今回はビットコインの危険性について解説していきたいと思います。

ビットコインとは?

ビットコインは仮想通貨の一種です。それだけだと身も蓋もないですね…。

ビットコインはTポイントなどのポイントやSuicaなどの電子マネーと比較されますが、利用方法については電子マネーをイメージしていただければ良いと思います。

仮想通貨はいわゆるお金(=法定通貨:国が発行するお金)とは違って、紙幣や硬貨などといった形を持たない通貨のことです。ビットコインの単位はBTCですが、1BTCの紙幣や硬貨があるわけではありません。現物そのものがないのです。だから“仮想”通貨と呼ばれるのです。

実体がない通貨というと怪しい話に聞こえますが、インターネット上で強固に保護された数値情報として仮想通貨は存在しています。“ウォレット”と呼ばれるネット上の個人の財布で保管される数値情報が仮想通貨なわけですが、こんなものでも、ちゃんと他のお金と交換できるだけの価値を持っているのです。

その理由は、

1.数値情報には発行量の上限があり、かつ複製できない強固なシステムによって保護されている、

2.モノやサービスと交換できる(ここは電子マネーと同じですね)、

3.取引所で法定通貨と盛んに交換されている

1.のシステムの強固性が人々の信用を勝ち取り、2.、3.、という現象が起きたとも言えます。そして、ビットコインならではのメリットとして、

1.管理主体を持たないため、その価値が薄まることがない(例えば日本の場合、国の経済政策で大量に日本円の紙幣が刷られて価値が下落している(=円安誘導))

2.国際送金が約10分間で格安の手数料(数円~数十円のレベル)で可能

3.世界共通の独立した通貨単位なので、様々な国を移動してもそれぞれ訪問国の通貨を用意する必要がない

そのため、グローバルに仕事をする人にとって極めて便利なものとなっています。

ビットコインの取引所では、ビットコインと円やドル、ユーロといった法定通貨との交換が盛んにおこなわれており、2017年前半で、1ビットコインは10万円~15万円程度の相場で取引されているのです。

ビットコインの危険性

そんなビットコインですが、では危険性は全くないかというとそういうわけではありません。ではこれから、考えられるビットコインの危険性について検証していきたいと思います。

1. ウォレットのリスク

オンライン上に大金を保持する取引所をハッカーたちが襲う強盗事件が多発しています。取引所やウォレットシステムに保管してあるビットコインはオンライン上にあるため、常にハッカーにより盗まれる危険性をはらんでいます。

多数の被害者に共通することは、大量のBitcoinを「ウォレット」に保管しており、かつそのセキュリティ設定が甘いことです。

「ウォレット」はインターネットに接続されたストレージシステムのことで、他の仮想通貨ユーザーに即座に送金できるようになっています。

被害者となる人たちは、ログイン認証情報を適切にロックしていないため、ネットワークが保護されていません。それは丸腰で弾丸飛び交う戦場を歩いているようなもので、自ら無防備にして知らず知らずにお金が抜き取られてしまいます。

オンラインでないとその利便性を発揮できないビットコインですが、大量のビットコインをオンラインのみで管理するのはやめましょう。資産情報を紙やカードのみに記録してインターネットから切り離したコールドウォレットに保管するのがベストです。その紙やカードを失くして資産を失うリスクが新たに発生することにはなりますが・・・。

2.カウンターパーティのリスク

カウンターパーティ・リスクとは取引相手が債務不履行になったり、デフォルトを起こすことで取引が完結しないリスクのことを言います。

例を挙げると、

2014年に当時世界最大のビットコイン取引所「Mt.Gox(マウントゴックス)」が多くのユーザーのビットコインを預かったまま突然閉鎖する事件がありました。

表向きはハッカーの攻撃により顧客のビットコインを盗まれたとしていましたが、翌年に元経営者が逮捕され、実際には内部の横領による犯行だったと結論付けられています。

この事件は日本でも大きなニュースになりました。あなたも知っているかもしれませんね?

結局顧客がMt.Goxに預けたビットコインは返ってくることはなく、債権者は泣き寝入りするしかありませんでした。Mt.Goxのように突然いなくなる(飛ぶ)行為に「Goxする(ゴックスする)」という造語が生まれたくらいの衝撃が世界中に走りました。

この事件は、第三者に仮想通貨を預けることの危険性を示唆する大きなきっかけになりました。仮想通貨という管理主体のない“自由”な通貨の管理を第三者に任せるのは基本的に間違っていると言わざるを得ません。有名な会社だろうが、歴史がある会社だろうが、仮想通貨の世界では第三者を盲目的に信用してはいけません。ある時突然いなくなっても関係者を追いかけることは難しいのですから。

3. 新しい技術の発展を実感し興奮してしまうリスク

ビットコインはPCから送金が出来、必要なのは相手のビットコインアドレスのみ。

というシンプルさがあるため、誰でも比較的容易に送金作業ができます。まるで自分が銀行になったかのような万能感を自覚する人もいるかもしれません。

日本ではまだ支払い手段としてマイナーなので、利用するという行為自体に興奮してしまうリスクがあります。手数料をほぼ取られずに自分のウォレットに着金するのもたまらない感動があります。特に初心者は注意です。

わざわざ最寄りのコンビニやATMを利用しに足を運ばなくても、自宅で動かずに送金をすることが出来るという便利さ、これは人間の楽をしたい心理を突き動かしてしまうでしょう。まあインターネットバンキングで口座内のお金をほかに送ることは仮想通貨が発展する前から存在し、その利便性を認識している人も多いとは思います。

しかし、人は新しい物好きという特徴を必ず備えていますので、革命的新技術であるブロックチェーンを利用したビットコインの送受信にハマってしまい、余計なお金を使ってしまったり、詐欺案件に気前よく投資してしまったりしますので、冷静になって注意が必要です。

ビットコインはあなたの大切なお金なのですから。

4.ビットコインの送金ミスによるリスク

送金が超簡単ということがビットコインの大きな魅力です。簡単だからこそ、単純な送金ミスによってお金を超簡単に失ってしまいます。

ビットコインの単位は1μからです。100万分の1 。小数で表すと、0.000 001。0が5つもついてきます。送金する際は0の数を確認しないといけません。これが意外と間違えます。一つ0を間違えただけで10倍の金額差が発生します。ビットコインの価値が急上昇した結果、日常で使うレベルの金額だと0.00~BTCと小数点以下になることが多く、とても見にくいことになっています。

また、一度送金ボタンを押すと、あっという間に送金が完了してしまいます。確認画面も表示されません。ビットコインの単位計算は少し複雑で見にくいという点がありますが、一度ボタンを押してしまえば”送金完了”となってしまいます。

送金先のアドレスが間違いないか、送金金額は本当に間違ってないか、できるだけコピー&ペーストの機能を使うようにして、一つ一つ確認しましょう。

私はビットコインを送る際、またはビットコインを受け取る際は必ずビットコインアドレスを3-4ケタごとに区切ってすべて確認するようにしています。それだと煩わしい場合は上3ケタと下3ケタは確認するようにしましょう。コピペでも選択範囲を誤っている場合がありますからね。

5.闇サイトとつながるリスク

ビットコインは、アメリカで違法薬物取引を行っていた闇サイト・シルクロードがよく利用していたことで普及が進んだ歴史があり、反社会的な利用方法としても使用されています。1割の取引が闇サイトとの報道すらあるようです。

仮想通貨でビジネスをしたい人や仮想通貨投資により利益を得たい人は、闇サイトなどに巻き込まれないように注意しなければいけません。

どのようなものも闇サイトとのつながりというのは非常に怖いものです。意図あってつながっているのも怖いですが、自分の気づかないうちに繋がってしまっているというパターンが一番怖いものです。取り返しのつかないことになってしまうといっても過言ではない闇サイトとのつながりだけは絶対に避けましょう。そのために、常に細心の注意を払ってビットコインを利用していくことが大切です。

6.流動性のリスク

ビットコインの魅力のひとつでもあるのですが、あまりにも相場の変動が激しすぎるという特徴は、状況を見誤ると大損するリスクを抱えています。実際に、この変動率はFXの10倍はあると言われており、扱い方を間違えると危険なのは確かでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ビットコインの魅力はリスクと表裏一体の部分があります。

紙幣や硬貨という実体がないため、どうしてもその取扱いに手で触る実感が持てないビットコインですから、ついつい大きな金額を簡単に動かしてしまったり、細かい金額に無頓着になってしまうことがあります。管理が面倒くさくて、セキュリティをおろそかにしてしまったりもするかもしれません。

ビットコインはあなたの大切な資産になりますので、くれぐれも大切に取り扱うようにしましょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する