⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインの過去チャートからわかることは、値動きだけではありません。ビットコインの歴史がチャートには刻まれています。そして、ビットコインの価格が急変動するときには、必ず何らかの「事件(イベント)」が起きています。今回はビットコインの過去チャートと起こったイベントについて解説していきたいと思います。

ビットコインとはそもそも何?

ビットコインは仮想通貨の一種です。

仮想通貨は一般的なお金(=法定通貨:国が発行するお金)とは違って、紙幣や硬貨などといった形態を持たない通貨のことです。ビットコインの単位はBTCですが、1BTCの紙幣や硬貨があるわけではなく、現物そのものがないのです。だから“仮想”通貨と呼ばれるのです。

実体がない通貨というと、とっても怪しい話に聞こえますが、インターネット上で強固に保護された数値情報として仮想通貨は存在しています。“ウォレット”と呼ばれるネット上の個人の財布で保管される数値情報が仮想通貨なわけですが、こんなものでも、ちゃんと他のお金と交換できるだけの価値を持っているのです。

その理由は、簡単に言うと

1.数値情報には発行量の上限があり、かつ複製できない強固なシステムによって保護されている、

2.モノやサービスと交換が可能である、

3.取引所で法定通貨と盛んに交換されている

1.におけるシステムの強固性が人々の信用を勝ち取ったため、結果的に2.、3.、という現象が起きたとも言えますね。

そして、ビットコインならではのメリットとして、

1.管理主体を持たないため、その価値が薄まることがない(例えば日本だと、国の経済政策で大量に日本円の紙幣が刷られて価値が下落している(=円安誘導))

2.送金、特に国際送金が約10分間で格安の手数料(数円~数十円のレベル)で可能である、

3.世界共通の通貨単位なので、様々な国を移動してもいちいち訪問国の通貨を用意する必要がない。

といったことが挙げられます。そのため、グローバルに仕事をする人にとってこんな便利なものはないと思います。

実際にビットコインの取引所では、ビットコインと円やドル、ユーロといった法定通貨との交換が盛んにおこなわれており、2017年前半で、1ビットコインは10万円~15万円程度の相場で取引されているのです。

ビットコインのチャートについて

相場の変化を時系列で表したもの、それが、“チャート”です。

これは対象となるもの(金、原油、通貨、株など)の値動きを時系列でグラフ化したもののことです。まるで波を打っているように見えます。チャートはニュースで示されることもありますし、会社情報が詳しく載っている電話帳のような雑誌「四季報」には各会社の株価チャートが必ず載っています。FXに関するサイトやブログを検索してみると、必ずと言っていいほどチャートが載っていると思います。
トレーダーは、このチャートを見ながら取引をして利益を上げようとするのです。

ビットコインと他の法定通貨の間に値動きが存在する以上、ビットコインとの値動きを示したチャートも存在します。ビットコイン/日本円、ビットコイン/ドル、などですね。

ビットコインの過去のチャートを見てわかること

1. ビットコインはその価格が急上昇している(最大150万倍)

2. ビットコインは値動きの幅が大きい(1日に数%動くことはしょっちゅう)

3. ビットコインの取引量はFXに比べると少ない(2016年の年間取引高は約2兆円と、FXの5000兆円と比較すると足元にも及ばない。そのため値動きがはげしい)

過去チャートから見るビットコインの歴史(出典:Bitcoin日本語情報サイトより一部改変)

2009年(ビットコイン誕生の年)

2009/01/03 終値 ¥0 ビットコインの最初のブロックが誕生

ビットコインの管理システム「blockchain」における最初のブロック(genesis block)が誕生した。ビットコインの生みの親Satoshi Nakamotoがビットコインの概念に関する論文を2008年10月31日に発表してから約2か月後。

2009/01/09 終値 ¥0 ビットコインバージョン0.1がリリース

これでSatoshi Nakamotoがテストしていたビットコインネットワークに誰でも参加可能になった。

2009/01/12 終値 ¥0 世界初のビットコイン取引が実行

Satoshi Nakamotoからソフトウェア開発者であるHal Finneyへビットコインが送信
2009/10/05 終値 ¥0.07 New Liberty Standardによりビットコインの価格が初めて示される
この時の価格は1ドル1,309.03BTC、日本円で1BTC約0.07円で、ビットコインの採掘に必要な電気料金から計算して提示された価格でした。

2009/10/12 終値 ¥0.09 ビットコインと法定通貨間の交換が初めて行われる

New Liberty Standardが5,050BTCを5.02ドルで購入しました。

2010年(初めてビットコインが店舗で使われる)

2010/05/22 終値 ¥0.2 実際の店舗(ピザ屋)で初めてビットコイン決済

ピザ2枚(約25ドル)と10,000BTCの交換が行われました。今思うととてつもない高価なピザになっちゃいましたね。

2010/07/11 終値 ¥0.7 Slashdotにビットコインが特集される

コンピュータ系ニュースを扱う電子掲示板Slashdotにビットコインが特集され、多くの人々がビットコインを知るようになりました。

2010/07/18 終値 ¥7 ビットコイン取引所Mt.Goxがサービス開始

Jed McCalebにより、その後世界最大のビットコイン取引所へ発展するMt.Goxがサービスを開始しました。

2010/08/15 終値 ¥6 ビットコインのバグで1,840億BTCが偽造される

ビットコインの脆弱性を突き1,840億BTCが偽造されました。しかし、すぐに開発チームにより修正対応され、影響は殆ど残らずに済みました。

2010/09/18 終値 ¥5 マイニングプール(Slush’s pool)によるビットコイン採掘に初成功

2011年(初めて大手メディアに取り上げられ、バブル発生)

2011/03/06 終値 ¥74 Mark Karpelesが運営するTibanne社がMt.Goxを買収

日本を本社とするTibanne社がMt.Goxを買収したため、Mt.Goxが事実上初の日本国内のビットコイン取引所となりました。

2011/04/16 終値 ¥87 TIME誌がビットコインを特集

大手メディアで初めてビットコインが取り上げられた例になりました。ここから急速にビットコインは値を上げていきます。

2011/06/12 終値 ¥1,489 最初のビットコインバブル、一時31.91ドルに

2011/06/19 終値 ¥1,401 Mt.Goxがハッキング被害

これにより、ビットコインやユーザー情報・パスワードが盗難され約1週間取引停止となりました。連鎖的に他の取引所からもビットコインが盗難され、価格が著しく下落しました。

2012年(最初の半減期)

2012/05/09 終値 ¥402 FBIのビットコインに関する資料が流出

ビットコインが違法行為に使われる可能性が高いという内容のFBIの内部資料が流出しました。

2012/11/15 終値 ¥909 WordPressがビットコイン決済を受付開始

これまでで最大規模のビットコイン決済を受け付ける事業者となりました。

2012/11/28 終値 ¥1,013 最初の半減期(50BTC→25BTC)

210,000ブロックごとに行われる採掘報酬の半減が初めて実施されました。

2013年(キプロスショックで価格上昇! 中国当局の規制で急降下)

2013/03/11 終値 ¥4,736 バグによりブロックチェーンの分岐が発生

数時間の間これまで最長のブロックチェーンの分岐が発生しましたが、ビットコイン0.8.1へのバージョンアップによりすぐに修正されました。

2013/03/16 終値 ¥4,597 キプロスショックによりビットコイン価格が上昇!

キプロスの金融危機で、キプロス国内の銀行が閉鎖されるなど法定通貨(ユーロ)への信用が低下した結果、ビットコインの人気が高まり価格が上昇。一時1BTC266ドルと、過去最高価格になりました。

2013/03/19 終値 ¥5,718 アメリカのサンディエゴに世界初のビットコインATM設置・サービス開始

2013/10/01 終値 ¥13,356 オンライン闇市場のシルクロード運営者が逮捕

アメリカで違法薬物の取引を行っていた闇サイト:シルクロードの運営者がFBIに逮捕され、サイトが閉鎖されました。

この組織は決済にビットコインを使用しており、その動向でビットコイン価格が大きく左右されていましたが、この逮捕による価格の下落は一時的でした。それだけ表の社会にもビットコインが広まりつつあったということです。

2013/12/04 終値 ¥123,100 NHKで初めてビットコイン特集が組まれる

2013/12/05 終値 ¥110,000 ビットコインが当時の史上最高価格を記録

2013/12/05 終値 ¥110,000 中国政府が金融機関によるビットコイン取引を禁止

民間の中国取引所も自主的に一時サービスを中止するなどした結果、大きく価格が下落しました。

2014年(Mt.Gox閉鎖、そして取引所開設ラッシュ、51%attackも)

2014/02/24 終値 ¥18,280 Mt.Goxが閉鎖

当時世界最大の取引所であったMt.Goxが、ハッカーにビットコインを盗難されたとして、取引を中止。取引所も閉鎖しました。

2014/04/01 終値 ¥49,614 Zaifの前身であるetwingsがサービス開始

2014/04/09 終値 ¥44,887 BtcBoxがサービス開始

2014/05/26 終値 ¥59,294 bitFlyerがサービス開始

2014/06/13 終値 ¥60,932 マイニングプールのGhash.ioのハッシュレートが51%に到達

Ghash.ioのハッシュレート(採掘力)が51%に達し、いわゆる51%攻撃(二重支払い)のリスクが高まりました。Ghash.io内のマイナーが他のマイニングプールに移ることで危機は回避されましたが、これ以後価格は低迷することとなりました。

2014/06/18 終値 ¥61,649 bitbankがサービス開始

2014/06/30 終値 ¥64,774 Quoineがサービス開始

2014/07/18 終値 ¥63,670 米Dell社がビットコイン決済を受付開始

DELL社がアメリカ在住者限定でビットコイン決済の受付を開始しました。

2014/09/19 終値 ¥42,710 coincheckがサービス開始

2014/10/30 終値 ¥37,534 Krakenが日本円でのサービス開始

2014/12/11 終値 ¥41,180 米Microsoft社がビットコイン決済を受付開始

Microsoft社もDell社同様アメリカ在住者限定ではありますが、ビットコイン決済の受付を開始しました。

2015年(ニューヨーク、欧州で法規制が進む)

2015/01/04 終値 ¥31,749 Bitstampがハッキング被害を受ける

当時最大規模の取引所であったBitstampが約500万ドルにも及ぶハッキング被害を受けました。

2015/06/03 終値 ¥28,027 ニューヨーク州のビットコイン規制「BitLicense」が正式発表

アメリカニューヨーク州でのビットコイン事業を免許制とする「BitLicense」が正式に発表され、免許取得費が5,000ドルもかかることから、多くのビットコイン関連企業がニューヨークを離れることになりました。

2015/08/01 終値 ¥34,603 Mt.Goxの元経営者Mark Karpelesが口座残高の不正操作容疑で逮捕、後日、業務上横領容疑で再逮捕となります。

2015/08/15 終値 ¥33,277 ビットコインのフォーク版であるBitcoin XTがリリース

ビットコインの歴史上はじめて、コミュニティが分裂して新バージョンがリリースされることになりました。

2015/10/22 終値 ¥32,997 欧州司法裁判所がビットコインはVATの課税対象外との判決

VATは付加価値税, 消費税のこと。このニュースをきっかけとして大きく価格が上昇することになります。

2015/12/23 終値 ¥53,322 ビットコインのフォーク版であるBitcoin Unlimitedがリリース

2016年(2回目の半減期)

2016/02/10 終値 ¥44,946 ビットコインのフォーク版であるBitcoin Classicがリリース

2016/03/01 終値 ¥49,602 DMM.comでビットコイン決済を受付開始

日本国内での大企業のビットコイン決済受付はこれが最初の例になりました。

2016/04/27 終値 ¥50,892 日本の利用者も多いPCゲームのDL販売プラットフォームSteamでビットコイン決済を受付開始

2016/07/09 終値 ¥66,794 2回目の半減期(25BTC→12.5BTC)

2016/08/02 終値 ¥61,296 Bitfinexがハッキング被害を受ける

当時世界最大の取引量を誇る香港の取引所bitfinexがハッキングされ、12万BTC(約6347万ドル)が盗難されました。この事件後ビットコイン価格が急落することになりました。

2017年(史上最高額更新、日本でも法整備)

2017/01/05 終値 ¥110,986 ビットコインが2013年以来の史上最高価格をつける

日本円-ビットコインの取引が過熱、円ベースでの史上最高価格をつけました。coincheckで一時152,900円/BTCを記録しました。

2017/01/05 終値 ¥110,986 中国人民銀行が中国国内の取引所と会合、調査

日本円で過去最高のビットコイン価格を記録した同日、中国人民銀行が中国国内の三大取引所OKCoin、BTCC、Huobiを呼び出し、ビットコイン投資の過熱に対して警告しました。これにより大きく価格が下落することとなりました。

さらに、この後数週間におよぶ中国国内の他の取引所を含めた会合・調査により、結果的に中国取引所の取引手数料無料が撤廃されるなど中国人民銀行による規制が行われ、圧倒的な規模であった中国取引所でのビットコイン取引高が大幅に減少しました。

2017/03/10 終値 ¥145,790 ビットコインがドルベースで2013年以来の史上最高価格をつける(約1330ドル)

2017/04/01 終値 ¥121,628 日本でビットコインを初めて法律内で規定する改正資金決済法等が施行

ねらいは主に仮想通貨取引所に対する利用者保護を目的とする規制であり、経過措置として施行日から6ヶ月間の規制適用の猶予期間が与えられることになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ビットコインはわずか8年の歴史で急速に世界に広まってきました。そして、価格の上昇も当初に比べるとすさまじいものになりましたね。

過去チャートからは、大手メディアでの特集や法定通貨の危機といったイベントをきっかけとして価格が急上昇しています。セキュリティの問題や中国当局の圧力によって価格が下落する傾向があるようです。いずれにしても、外的な要因で大きく値を動かす特徴があるので、ビットコインに関連するニュースには常にアンテナを張っておくことが重要ですね。

2017年は仮想通貨元年ともいわれており、東京オリンピックに向けて訪日する外国人の方々のニーズに応えるため、日本でもビットコインやほかの仮想通貨が日常生活でどんどん使えるようになっていくと予想されています。ビックカメラやリクルート、マスターカードもビットコイン市場に参入してきます。これからのビットコインの勢力拡大は大きな歴史的転換になる可能性があります。注目して見ていきましょう!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する