⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインはそのままでも使えますが、使用できる場所は限定されてしまいます。日本国内でもビットコイン決済が出来るお店も少しづつ増えていってますが、ビットコインを銀行のATMのように簡単に日本円に換金することができたら非常に便利ですね。

はたして、ATMでビットコインを換金することが可能なのでしょうか?

ビットコインの円への換金方法

取引所で換金

ビットコインを換金できる場所はとても多いのですが、一番安定的な方法は取引所を利用したものです。まず最初にビットコインを入手した人はこの取引所を利用して入手したのではないでしょうか。

普通は、取引所を利用することになると思います。ブロックチェーンウォレットにビットコインを保管していたら、そこから取引所を利用してビットコインを日本円に換金することになります。

ビットコインを売る場合も取引所経由なので簡単にすんなり出来るでしょう。取引所には売りたい人と買いたい人が常にいるので、取引所を仲介して取引することになるのです。

ビットコインの換金方法

ビットコインが広く流通している場合は、受け取ったビットコインを、そのまま別の支払い時に使うことができるので、現金へ換金する必要はないが、現状の初期段階にあるビットコインの普及状況においては、現金へ換金する必要が出てくる。

ビットコインの換金も基本的には入手方法と似た手段となる。

ビットコインATMで換金

ビットコインはそのままでも使用できますが、必要に応じては日本円に換金する場合がありますね。

そこで活躍してくれるのがビットコインATMでして、ビットコインの売買に対応できる現金自動預払機(ATM)なのです。

ブロックチェーンウォレット(ネット上のビットコイン用お財布)に保有するビットコインを、ATMで換金して日本円の現金を引き出したり日本円でビットコインを購入したりすることが可能となります。

日本円を現金として引き出すやり方としては、ビットコインATMを使うという方法が便利です。手数料も無料とのことです。一部のATMではビットコインの売り買いにも対応可能なものもあるようです。東京では使われているシステムですが、残念ながら地方にはまだ設置がないようです。

 

ビットコインの売買に対応した現金自動預払機(ATM)です。

ウォレットに保有するビットコインを換金して現金を引き出したり、現金でビットコインを購入したりすることができます。

日本国内では六本木や渋谷、銀座などの飲食店に設置してあります。

ビットコインATMで取引

ビットコインATMは利用するのに少し手間がかかりますが、それはセキュリティがしっかりしているからなのですね。
しかしビットコインを日本円に換金するのは、慣れればそんなに大変ではないようです。銀行のATMのように安心してビットコインの取引をしてみてはどうでしょうか?

世界中でビットコインATMが増加

世界中のビットコインATMの設置数は着実に伸びており、世界初のビットコインATM Robocoinは、バンクーバーにてビットコインの店頭売買サービスを提供するBitcoiniacにより、ダウンタウンのWaves coffee shopに設置されたがそれ以降は、多数の製造者がコミュニティに参画し、ビットコインATMは世界各地へと広がっている。

世界のビットコインATMの設置数と設置場所はCoin ATM Radarで確認できます。

最もビットコインATMが設置されているエリアは北米であり、その数は全体のおよそ半分となります。設置の都市はトロント、モントリオール、マサチューセッツ、ロサンゼルス、ワシントンなどと、アメリカでは着実な拡大を見せています。

次に多いエリアはヨーロッパで、全体のおよそ30%となります。主な設置個所は各国の主要な都市で、国別ではイギリス、フィンランド、オランダ、チェコ、スロベニア、イタリア、スペイン、ドイツなどです。近年は、オランダのアムステルダムに急激な設置が進んでいるようです。

アジア圏においては、分散的かつ局所集中しており、シンガポール、香港、北京、上海、台湾、タイ、フィリピン、マレーシア、韓国となっております。

オーストラリアはメルボルンとシドニー、ニュージーランドではオークランドに設置されています。

他の地域では、中東のカザフスタンとイスラエル、アフリカでは南アフリカ共和国、南米ではメキシコ、ブラジル、アルゼンチンに設置されています。

日本でもビットコインATMが登場

2014年4月に、日本で最初のビットコインATMが三重県の鈴鹿市のイベントにおいて、お披露目となりました。 (お披露目の会場だったので、今はATMはありません) その後は、東京の六本木の飲食店へ設置されました。
日本国内のビットコインATM数は2017年現在、合計15台設置されているようです。ビットコインATMというのは、お金を今すぐに引き出したい場合などにとても便利ですね。
まだまだ設置数は多くありませんが、ビットコインの普及に伴って国内にもこれから増えていく可能性は大いにあると思われます。

ビットコインATMでは何ができるのか

今までは、日本国内でのビットコインの購入は取引所を利用するのが主なルートでした。しかしビットコインATMでは日本円の現金を入れれば、その時のレートによるビットコインがスマートフォンに送信されるシステムになっています。ビットコインのATMでは、主に次のようなことができます。
  • ビットコインを売る
  • ビットコインを買う
  • 円からドルに変換
  • ビットコインを送金
  • ビットコインを日本円に換金

 

ビットコインのATMは、仮想通貨の取引所が設置を行っています。 そのため、ビットコインのATMでも機種が異なりサービスのスピードやサービス内容に差があるようです。 日本国内でも取引所は増えており、ビットコインの需要の多さが見て取れます。

ビットコインATMを利用する前には、必ずウォレットに事前登録しておきましょう。 まずビットコインを買う場合は、登録作業が必要なのです。

1、携帯番号の入力

2、SNSで届いた認証コード入力

3、掌紋のスキャン

4、免許証のスキャン

5、顔写真の撮影

これらの登録作業が完了すると、携帯電話に本人確認完了のSNSの連絡が届きます。

ATMはビットコインを円に換金することができますが、現金の受け取りに少し時間がかかります。理由は、本人かどうか認証するのに時間がかかってしまうからのようです。それでもビットコインの売買や日本円へと換金することができて、とても便利なのです。

世界でもビットコインを利用する人たちが多くなってきていることから、ビットコインATMが日本で使えることで、日本円に換金したいと考えている海外からの旅行客にも便利なのがビットコインATMなのです。

さらにビットコインATMの店舗への設置が進めば、日本円からビットコインウォレットへのチャージと、ビットコインウォレットから日本円への出金サービスなどが開始される構想のようです。

まとめ

ビットコインが普及することで、ビットコインATMの設置が多くなり、街のコンビニやデパート、スーパーでも見かけるようになれば、ビットコインを利用する人は加速度的に増えて行き、今ある銀行のATMと同じ感覚で使用するようになるでしょう。

すぐに換金したい場合、ビットコインATMは便利であり、メリットも大きいのです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する