⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はビットコイン(bitcoin)を使える加盟店が今現在徐々に増えていっているなかで、今ある加盟店の現状とこれから加盟店はどうなるのかを見ていきます。

2016年のビットコイン(bitcoin)を利用できる店は4倍以上

とある調査結果によれば、暗号通貨であるビットコイン(bitcoin)で支払いができるお店が、2016年の1年間で4倍以上に増加したということです。この結果から見ても、確実に日本国内でビットコイン(bitcoin)が普及していることが言えると思います。

現在、コインチェック(coincheck)という国内の暗号通貨取引所が、率先してビットコイン(bitcoin)決済の導入、つまり加盟店増加に向けた動きを進めているところです。

以前からビットコイン(bitcoin)事情を知っている人からすると、たった1年でまさかここまで加盟店すうが増加するとは予想していなかったと思います。ビットコイン(bitcoin)決済が可能なお店が増えるということは、今後さらなるビットコイン(bitcoin)の普及に向けて、大きな影響を与えていくのは間違いないと考えられます。

国内よりもさらに海外の方が加盟店に加入する店が多い

先ほどは、2016年の1年間で加盟店数が4倍以上に増加したとお伝えしましたが、さらに深く話していくと、この直近の数ヶ月だけでも急激に増えていて、この期間だけでも4倍ほど増加して加盟店数は4千店を一気に突破したということです。

加盟店の業種としては飲食店はもちろんのこと、ネイルサロンや美容室、さらにはリフォーム会社といったような多業種に広がりを見せています。

ですが、日本の暗号通貨業界は2年ほど海外から遅れをとっているとされ、日本以上に海外の方ではビットコイン(bitcoin)決済可能店舗がかなり増えてきています。

旅行会社大手のExpedia(エクスペディア)や、コンピューターメーカーとして有名なDELL(デル)など、世界的にも有名な企業が続々とビットコイン(bitcoin)決済を導入しています。

ビットコイン(bitcoin)が使うことができる場所

まだをビットコイン(bitcoin)持ったことがない人や、最近になって持ち始めたばかりの人からすると、「どういうところでどのように使うものだろうか?」「日本でも海外でも使えるものだろうか?」など、ビットコイン(bitcoin)を使用する場所について、まず疑問に思うところではないかと思います。

ビットコイン(bitcoin)の利便性として、第三者を介することなく直接相手に送金できることが挙げられますが、実は、誰でも知っているようなところでビットコイン(bitcoin)を使うことができるのです。

有名なところで言えば、iTunesAmazon、楽天などでビットコイン(bitcoin)を利用することができるし、国によってはファミリーマートやスターバックス、バーガーキングなどでも利用可能になっているのです。ここではカテゴリ別に主なものを挙げていきます。

まず最初に紹介するのはオンライン上の部分で、ビットコイン(bitcoin)やモナコインという暗号通貨で、コインギフトとしてiTunesカードやAmazonギフト券、楽天ポイント、DMMポイント、nanacoギフトなどを購入することができます。そこで入手したギフトカードなどを、そのままネットショッピングで利用できます。

次はAmatenで、コインギフトと同様にiTunesカードやAmazonギフト券、Google Playカードなどを購入することができます。

DMMというものもあり、クレジットカードやPayPalなどと同様に、ビットコインでDMMポイントをチャージすることができます。

またTouch Mallというものも存在していてこれは、電化製品や衣類、日用品、食品などを総合的に扱うネットスーパーで、決済方法としてビットコインを利用することができます。これも使っている人には有名なのであげておきますが、Purse.ioというものがあり、こちらは、海外のサービスになっています。

このサイトでは、Amazonで取り扱っている自分が欲しい商品のリストを公開すると、他のユーザーが自分の代わりにその商品を購入して、自分のビットコインと交換をしてくれます。このサイトは、商品をAmazonの表示価格よりも割安で入手できることを保証しているものです。

リアル店舗における実用性について

日本国内では、今のところ東京都内を中心にビットコイン決済ができるお店が増えていっています。

気になる素敵なお店もたくさんあるようなので、ぜひチェックしてみてください。

一方海外では、ファミリーマート、スターバックス、バーガーキング、サブウェイなどで利用できます。ビットコイン専用のデビットカードを入手することで、VISAMasterCardなどクレジットカード加盟店であれば、クレジットカードと同様に利用できます。

自分が保有しているビットコイン残高と連携させたデビットカードは主に海外で提供されています。そのため、デビットカードによって米ドル建てやユーロ建てなど外貨の選択肢しかない(円建ての選択肢がない)ということで、利用する際には若干注意が必要となるが、これでビットコインが使える場所は普段法定通貨で決済している時と変わらないくらい一気に広がります。

その他にもビットコインが利用可能な面白いプロジェクトというのもたくさん存在します。例えば、Open Bazaarというビットコインが利用できるオンラインショッピングプラットフォームやStreamiumというビットコイン決済の動画配信サービスなどがあります。

これらはまだ新しいサービスなので、利用する際には十分注意をする必要があるが、ビットコインが使える場所はこれからもますます広がっていきそうな感じがします。

今後の日本国内の加盟店について

以上のように、サービス利用時や商品の購入時の決済手段として、ビットコインを中心とする暗号通貨に対応する店舗が増加傾向であることに加えて、水道やガス、電気などの公共料金支払いにも対応するなど、法定通貨と同等の通貨としての役割が広がりつつあります。

最近では、2016年6月にイギリスのEU離脱問題などの影響から株安が進んだことによって、投資手段として一部の投資家の間でビットコインが活用されています。

また、同年のアメリカの大統領選挙でトランプ大統領が当選したことをきっかけとして、中国では為替が対米ドルで人民元安が加速したことで、ビットコインを資金の退避先として購入する動きが多くみられてます。

日本国内においても、ビットコインを中心として暗号通貨の利用が広がってきています。実店舗では、最初に紹介したコインチェックがビットコインの決済システムを提供していて、2017年1月現在、4200以上の店舗がビットコイン決済の加盟店として登録しています。

また、2016年4月より、コインチェックと同じ日本の暗号通貨取引所のひとつであるビットフライヤーでは、ビットコイン決済が可能なオンラインショッピングサイトを開設しています。コインチェックでは、ビットコイン決済を水道やガス、電気などの公共料金支払いにも対応させていく方針を示しているなど、2017年末までには2万店舗以上の加盟店に増やしていくことを目標としているようです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する