⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はビットコイン(bitcoin)を安いときに買う方法についての話をしていきたいと思います。

そんなわけで時価総額2兆円の意味から探っていくと言えます。意外なところにヒントは隠されているものです。この時価総額2兆円の意味を知ったときに今まではみえてこなかったものがみえてきて、そうなのかと納得出来るようになるわけなのです。

さまざまな視点からみることによって安い時に買う方法を紹介していきます。視点を変えてみればさまざまな新たな発見があるから大切であるということができます。

ビットコイン(bitcoin)の両替方法を振り返って

最初にビットコイン(bitcoin)の両替方法について振り返る必要があります。

ビットコイン(bitcoin)は暗号通貨を取り扱う両替所で交換します。

日本で有名どころといえば、CoincheckBitFlyerZaif、このあたりが有名です。どこがいいかというのはそれぞれ特色があるので好みで選ぶことになりますが一応、選ぶポイント次のようになりますので、参考にしてみたらいい言えます。

レート(取引所ごとにレートに差があります)、クレジットカードの使用可否、取り扱う暗号通貨の種類(ビットコインはどこでも使えますが、他の暗号通貨も使えるところがあります。)、取引画面の使いやすさ、スマホアプリからの購入可否、海外の取引所の場合は使える法定通貨が何なのか?(日本円、米ドル、ユーロ、他)、1日の取り引き制限や身分証明登録などの手続き(本人確認できるまで、取引額に制限がかかる場合があります。)

これらの他にも、銀行振込の確認レスポンスや引き出しの手数料など言い出すとキリがないので、詳細はサイトの説明も読むようにしておいてくことがベストです。そして、安く買うには『レート』と『クレジットカード』のところが関係してきます。

日本国内の取引所の中ではそれほど差はありませんが、『指値(この値段なら売る・買う、という金額指定のことです。)』を使えるか?などは安く買うためには便利な機能と言えます。また、暴落中に購入するためには『クレジットカード』で買うことができると便利です。

明日銀行へ行ってからではレスポンスが遅いです。そこでクレジットカードの場合は、手数料分を上乗せした高めのレートで購入することになるので、それがどれくらいか?を調べておくべきです。これによって、暴落中でも割高になってしまうことも十分に考えられるからです。

相場は取引所によって異なっているから上手くいくアービトラージ

先ほど書いた通り、相場は両替所によってことなります。日本国内だけではなく、海外にもたくさんの暗号通貨取引所がありますので、このレートの差は無視できないのです。

外国為替取引(FX)ではもはや見られないことですが、暗号通貨は歴史が浅いためにレートの差が非常に大きい時もあります。さらに、この取引所によるレートの差が大きいことによって、利益を出す方法もあります。それが、アービトラージというものです。

暗号通貨を買う側から見て、通常であれば暗号通貨の『買値』は高めで、『売値』は安めのレートになっています。例えば、1BTCを買う時は14万円として、1BTCを日本円に両替する時は138000円が戻ってくる、という具合です。

仮に、とあるAという取引所では137000円でビットコインを買えたら、あなたはAでビットコインを購入して、上記の取引所で138000円で1BTCを両替することで1000円の利益が生まれます。実際にこういうことが暗号通貨の取引所では起こりえます。

そして、このような手法をアービトラージと呼びます。アービトラージは1000万円くらいの資金があればそこそこの利益が生まれますが、多くの人にとってはそこまでの資金力はないはずです。しかし、このアービトラージができるということは、少なくとも取引所を変えてでも安い所を見つける意味があるということを意味しています。

そして、できればよく使う取引所をいくつか回って安いレートのところを探した方がいい、ということはご理解いただけると思います。

多くの人々が一度に売買するときに価格は簡単に変動する

ここが肝心になりますが、買い時はつまり『多くの人が買う前』であり『多くの人が売った後』ということになります。暗号通貨の買い時に、政府や日銀のニュースの出番はほとんどないです。しかし、20169月ごろに泉忠司さんが暗号通貨に関してプロモーションを開始した時に、一気に価格が上昇したのですが、このように影響力のある一個人が発言するだけでも価格の高騰が起こりうるのが暗号通貨なのです。

いずれこのような状況は時価総額の増加によって緩和されていきますが、今は影響力をもつ人や企業がなんらかの行動を起こすだけで価格が上下するのだと理解することです。そうなると、暗号通貨からみのニュースを早くキャッチできれば、買い時もわかるということになります。

株やFXはニュースを見てから売買しても遅い!と言われていますが、暗号通貨はまだまだニュースを見てからでも間に合うのだということです。古き良き時代の株取引の手法が役に立つ段階とも言えます。

価格が下がったときがお買い得

他にも、個人の影響力以外に、お国事情もあります。

中国の人のビットコイン爆買いは有名ですが、爆買いによって価格が高騰して、その後法定通貨に戻した時に元の値段まで一気に暴落します(厳密には暴落とはいえず、元の値段に戻るだけですが)。

年末年始のクリスマスシーズンから正月にかけてや、中国の旧正月などのイベントに連動しているのではないか?という推測ができるような売買もありますので、お国の事情やイベントなども判断のひとつに加えても良いのかもしれないと言えます。

ただし、以前は中国元によるビットコインの購入量が一番多かったようですが、最近は日本円による購入量が増加中のようです。そうすると、日本の影響力のある人の発言に注目があつまります。さらに、米ドルによる購入量も伸びているようですので、このあたりの各法定通貨ごとの取引量も要チェックになってきているということです。

ドルコスト平均法と大きく下がった時の買いでポジションを拡大

ビットコイン(bitcoin)の買い時、売り時は今のところ影響力の強い『イベント』『ニュース』『発言』などに注目して、高騰・暴落のタイミングに合わせるということがわかったとおもいます。しかし、これからビットコインの価格上昇にともなって、ビットコインを使う人が増えてくると、段々そのような影響力を受けにくくなってきます。

FXに近い感覚に進んでいくとおもわれます。そのような流れもあるのだと考えれば、使い古された方法ですが『ドルコスト平均法』も覚えておいて損はないのです。ドルコスト平均法とは、一度に購入せず、何度かに分けて購入することです。

そうすることによって、相場の上下の影響を緩和して平均した価格で購入できる、という先人の知恵です。ドルコスト平均法は株の世界では一般的ですが、どうしても一番の安値で買って、高値で売りたいという欲望から守る人は少数派になっています。しかし、ビットコインの平均価格はどんどん上がっていますので、この方法も今なら十分通用すると考えられます。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する