⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

最近、ビットコインのハードフォークするしないの情報で仮想通貨のリップルが値幅を大きくあげました。まだビットコインのハードフォークは、どのような状況になっていくのかは未定ですが、他の通貨に大きな影響を与えていることは間違いないです。

仮想通貨リップル(Ripple)とは

リップル(Ripple)は、ビットコインと同じ仮想通貨の一種です。このリップルは、Googleが出資したということで可能性のある仮想通貨だと認められています。リップルのネットワーク上の通貨を使って、色々な通貨と取り引きができるシステムにもなっているのでとても有望です!

リップルは数百種類の仮想通貨の中でも、時価総額ランキングは常に上位に位置しているので流通量の多さも認められています。ちなみに一位は不動の王者ビットコインです!そして東京三菱UFJ銀行が仮想通貨のブロックチェーン技術,システムを使った国際送金を2018年から行うことを発表しています。

このニュースになったことがきっかけでリップルの価格が一時期高騰しました。やはり注目は、ブロックチェーンシステムを使う送金なので、格安の手数料、素早い送金が実現できるという事で注目を集めています。

リップルのチャートがみれるのは

仮想通貨取引所の、coincheck(コインチェックでリップルの売買や送金ができます。チャートにも(Ripple=XRP)で表示されています。

coincheck(コインチェック)は、公共料金の支払いを可能にしていたり、カード会社と連携して取引所口座から直接ビットコインでVISAカード(バンドルカード)にチャージできるようにして決済部門に力を入れている取引所です。2014年11月5日に設立。

とてもシンプルで使いやすい取引所なので簡単に取引ができる初心者におすすめです。CoinCheckは初心者の方でも手軽に登録、購入ができる点がおススメできる取引所です。

取り扱い仮想通貨・・・ビットコイン(bitcoin)やイーサリアム、リップル(ripple)、モネロ(Monero)、Factom(ファクトム)、Augur(オーガ)などの上位にはいる仮想通貨を主に取り扱っている取引所です。

日本円入金方法:銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済、モバイルアプリ(iOS,Android)あり。

リップルは決済のシステムが優秀

2004年カナダのRyan Fuggerというウェブ開発者より作られ、リップル内の仮想通貨XRP通貨を使って、いろいろな通貨と直接取引ができます。決済システムがビットコインよりも速くわずか数秒で完結してしまいます。そしてビットコインと同じく銀行を通さないので手数料がかかりません。

2017年時点の時価総額ランキングは3位となっています。先ほどにも書きましたが一位はビットコインで、2位はイーサリアムです。この仮想通貨の中でも上位にある通貨は今後も様々な世の中のシステムを変えてしまう影響力のある仮想通貨だと言われています。そして、リップルの発行上限はビットコインよりも多くて1000億XRPに決められています。

メリット・・・迅速な決済・銀行間での直接決済・決済の総費用が最小限・リアルタムな資金の追跡可能

仮想通貨リップルの歴史

2013年・・・リップルコイン発行され、当初の値段は1XRP=約0.6円です。

同年12月・・・1XRP=約6円へと上昇。リリース後の10倍にまで大幅に値上がりをしました。(この値上がりは、中国の人のビットコイン爆買いが影響ではないかと言われています)

2014年6月・・・0.4円程度まで下がります。(この原因も中国政府がビットコインの売買の禁止ではないかと言われています)

2014年12月・・・この間までの約一年間はリリース時の値段と変わらない状態が続きましたが、ようやく3円を超えることができました。(その要因としては、欧米の金融機関がリップルを採用した事、ドイツの銀行がリップルのゲートウェイ(リップルの交換所)と提携して、ヨーロッパからアメリカへの送金が可能になったことだと言われています)

2016年6月・・・また低迷時期に入っていき0.6円まで下がっていきました。同年9月には0.8円まで戻っていきました。(この時期にグーグルがリップルに出資したことで信信用が出来てきたのではないでしょうか)

2017年3月・・・この同月3月末までには0.69円だったのが1.06円にまで上昇しました。(日本では、金融庁による仮想通貨への法規制が行われる過程で、仮想通貨全体への関心が高まってきた事や決済サービスとして見直された事が関係しているとおもいます)

ビットコインのような大幅な値動きはないにしても、上げ下げの少ない安定感のある仮想通貨ではないかと思います。銀行や企業が、どんな通貨でも手数料ほぼ無料で、瞬時に送金できるリップルの利便性を評価して、リップルを採用するところが今後ますます増えていくでしょう!

仮想通貨リップルは、約二年間ほど安値で推移していました。この間に購入し保有していた人たちは、今年の4月に高値をつけています。この安値の期間に購入し保有していた方たちは、大きな利益を得ることができています。

2017年3月末に、東京三菱UFJ銀行のリップルの参加表明により価格が0.006ドルの安値から0.04ドルへ急騰しました。この時に約6以上の値上がりとなっています。

リップルの保有ウォレット

リップルを安全に保有するには取引所に置いておくのは心配です。では、ウォレットはどこがよいのでしょうか?

・自分のPCにインストールして管理する方法があり、最初は作業や設定が大変かもしれませんが比較的安心して保有出来ます。

・スマホから手軽に利用できる、持ち歩けるウォレットは魅力です!とても便利がいいですね。でもセキュリティー面をしっかり二段階認証などして保有しないといけません。安心・信頼・使いやすさのある会社を選びましょう。

・ミスターリップルがあれば、世界中のゲートウェイが利用出来るので便利がいいです。

仮想通貨とは

こちらをみられている方の中にも仮想通貨ってなんだろ?と不思議に思っている方もいるのではないでしょか?最後に仮想通貨とは、どんなものかを説明したいと思います。

今現在、仮想通貨の種類は100種類以上あると言われています。仮想通貨は、インターネット上で取引できる通貨で基本的にはオンライン上での取引になります。これまでの通貨とはまったく違った物となります。中央銀行が発行する通貨ではなくのではなくて、インターネットのデータとして存在するので紙幣や硬貨などは発行されません。

「形がない・目に見えないお金」ということで「あやしい・お金として使えるの?」とよく言われます。バーチャル通貨とも言われていますが、身近に私たちはすでに使っています。「Suica」や「PASMO」[Tポイント」などの電子マネーと言われているものです。

この電子マネーを購入する時には、お金で購入しますね。でも一度購入した電子マネーを、お金に換えることは基本的にはできません。しかし仮想通貨の場合はお金で購入し、その仮想通貨をまたお金に替えることは可能なのです。しかも、円だけではなくドルやユーロにも換えることができるので、海外での取引の時にも利用される、とても便利な通貨といえます。

まとめ

ビットコインのない部分を、このリップルはプラス部分を持っていると言います。チャートの見方を学んで運用をしてみるのもいいのではないでしょか?

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する