⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨(暗号通貨)の中でも注目されているgoogleが出資したリップルコイン。そのリップルコインとは何か、購入方法は?などについての記事です。

リップルコインとは?

リップルは仮想通貨(暗号通貨)と言われていますが、実際は通貨自体のことはリップルとは呼びません。

リップルとには3つの側面があります。

法人としてのリップル

アメリカに「Pipple Labs,INC」という会社があり、

この会社のことを「リップル」と呼んだりします。

プロトコルとしてのリップル

プロトコルとは決済や送金のための様々なルールのことで、リップルというのは「Ripple INC」によって開発が進められている金融商品の決済・送金システムです。

この独自の取引ルールが適用される「リップルネットワーク」を作り、銀行などの金融機関で行われている金融商品の送金システムをより効率的に、そしてコストがかからないようにすることを目的としています。

リップルのシステムを簡単に言うと金融商品間の取引に仲介通貨をはさんでやり取りをスムーズにするというものです。

仮想通貨(暗号通貨)としてのリップル

このリップルというシステムの中で仲介通貨として使用されるのが「XRP」という仮想通貨(暗号通貨)になります。

この「XRP」のことをリップル(リップルコイン)と呼んでいます。

リップルの特徴

リップルはクレジットカードの手数料よりも低いコストで決済することができ、24時間365日取引することができます。

また、決済にかかる時間も10秒ほどで、ビットコインで最大10分かかることを考えるととても早く完了します。

リップルはどの通貨にも交換可能なので世界中で利用することができます。

リップルの展望

リップルの価格推移

現在、リップルは世界中の投資家から注目されています。

あのGoogleが出資したということもひとつですがリップルは仮想通貨として存在意義のある通貨であり、将来に期待できるということが言えます。

リップルの仮想通貨(XRP)は2013年に発行開始され、当初1XRP=0.6円程度でした。その後、2013年12月に最も値上がりし、1XRP=6円程度となり、10倍の値を付けました。

その後、リップル(XRP)は下降傾向となり、2014年の初めには1XRP=0.6円程度と元通りになってしまいました。一時期は盛り返し、2014年の11月から12月にかけて1XRP=3円程度まで上昇しました。

その後、また下降傾向となり、2017年2月の現時点で1XRP=0.7円程度になっています。

リップルの将来性は?

現在リップルは色々な会社、金融機関と提携を取り、今後成長していくという期待ができますが一般ユーザーのXRP取引は制限していくような動きを見せており、Ripple.INCはXRPの個人ユーザーの取引をなくしてBtoBに専念するのではとの憶測が流れています。

リップルがどこかの銀行と提携したというニュースが出るたびに高騰しているようです。

リップルコインのリスク

リップルは現物のやり取りではなく、あくまで借用証や預かり証の付け替えのシステムであり、現状銀行並みに信用できるようなゲートウエイがいまのところはないため、実際に換金してみるまでお金が実際にあるかどうかわからない点が最大のリスクとなっています。

リップルの相場(レート)

2017年2月2日現在1XPR=0.74376379\となっていますね。

リップルの高騰!?

リップルは現在下降トレンドですがこれまでも度々高騰のニュースがありました。

今後の動きはわからないですが、「mr.ripple」の取引所に会員登録しておけば、リップルが急騰した際に、高騰した理由とともに情報をメールで知らせてくれます。

リップルとビットコイン

ビットコインとリップルの違いとは?

大きな違いは以下の3点です。

リップルは通貨の名称ではなく、リップルというシステムの名称であること。

 

ビットコインは仮想通貨の名称ですが、

リップルは上にも書いたようにシステムの名称です。

 リップルは使用される目的が明確であること。

リップルは、2つの通貨間の取引をスムーズにするための「ブリッジ通貨」になるという目的があります。

リップルには管理主体が存在すること。

リップルはripple.INCという会社のシステムなので管理主体があります。

ビットコインには発行元、管理元が存在しません。

リップルコインの購入方法

リップルの購入方法は3つあります。

東京JPY発行所

coincheck

Mr.ripple

それぞれについて特徴などを説明します。

東京JPY発行所

日本で最初からリップルを扱っていたので、日本でのリップル取扱高はナンバーワン

手数料

入金・出金額の0.498%+消費税

最低受付金額

10000円

キャンペーン

今なら登録だけで40XRPプレゼント

取り扱い通貨

リップル(XRP)のみ

リップルウォレットアカウント作成

リップルを手に入れるには、まずリップルウォレットを作成しなければなりません。

ウォレットは「r」から始まるリップルアドレス(公開鍵)とシークレットキー(秘密鍵)がペアになっています。

ウォレットの作成には身分証明書と住所確認書類が必要となります。

海外のウォレットサービスの場合、英語での書類しか利用できません。

Mr.Rippleは国内のサービスなので日本語の証明で大丈夫です。

身分証明書

パスポート、運転免許証、外国人登録証明書、学生証など

住所確認書類

住民票記載事項証明書、公共料金領収書、納税通知書など

リップルゲートウエイ登録手順

リップルネットワークの入り口であるゲートウエイ(RCL)に登録します。

ゲートウエイは両替所と取引所として機能し、ripple(XRP)を購入するにはまず円を入金し、JPY(IOU)と両替します。その後そのJPYでWRPをオーダーブックで購入することができるようになります。

リップルのネットワークは世界共通であり、ゲートウエイ(RCL)に対応したウォレットがあれば世界中のゲートウエイが利用できます。

リップルウォレットのアカウントアクティベート

リップルネットワークを使用するためにはまず、ウォレットをアクティベートしなければなりません。

銀行口座を開設するときに少額入金するのとおなじことで、XRPを少額必要となります。

最低20XRPを必要とし、基本的にこの費用は取り出すことはできません。

ウォレットのアクティベートのためのXRPはゲートウエイに無料で新規会員登録することでもらえます。

入金からJPY取得の手順

入金の前に入金予約をする必要があります。東京JPY発行所にログインし、入金(発行)をクリックして入金予定金額を入力します。そうすると入金期日が設定されますのでその日までに入金します。

期日が過ぎたら再度入金予約を行う必要があります。

入金が完了し、東京JPY発行所で確認されたらJPYが発行されます。

リップル購入手順

リップルウォレットにアクセスします。

1.両替

2.取引

3.XRP/JPY

4.購入希望数

5.指値注文額

を入力し注文します。

coincheck

手軽に登録、購入でき、ビットコインをはじめとして人気のある仮想通貨(暗号通貨)を数多く扱っています。

ほかの仮想通貨(暗号通貨)も扱うなら便利です。

手数料

日本円入金0円 出金400円

取り扱い通貨

ビットコイン、リップル、イーサリアム、イーサリアムクラシック、Lisk、Factom、Monero、Augur、Zcash

購入方法

「コインを買う」でrippleを選択

購入数量を入力

交換先の通貨をJPYまたはBTCから選択し購入する

Mr.Ripple

無料登録でリップルをもらえるキャンペーンを実施中。

手数料

108円+銀行振込手数料+トランザクション手数料0.2%

キャンペーン

アカウント開設完了で100XRP

さらに30000円以上の入金で677XRPプレゼント

取扱通貨

リップル(XRP)、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、エイダコイン、ドージコイン、ルーメン

入出金する方法

exchangeから残高を確認し、通貨と金額を入力する。

交換に必要な金額が表示されるので交換を押すと交換完了。

まとめ

以上、リップルについての概要と購入方法についてまとめてみました。今後リップルコインを購入する機会が出てくるかもしれません。

その時の一つの参考として、今回の記事が役立てば幸いです。今年は仮想通貨バブルが起きそうな予感がします。この波に乗り遅れないように、他の記事からも情報収集をしてみてください。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する